FC2ブログ

Latest Entries

鴻巣ヴィシーズさんにてWS


またしばらく更新が空いてしまいました。。

instagram はもう少し頻繁に更新しています!→


さてさて、鴻巣ヴィシーズさんでのWSのお知らせです。
こちらはinstaに先駆けてのお知らせです!

  WS.jpg

胡桃のチャームか、針刺しをつくります。
(どちらも同じお値段、お好きな糸色をお選びいただけます!)

胡桃のチャームはつきやさんの麻のほか、かなり細かい布も用意していきますので、
大変でも一度くらい細かい布に刺してみたい!という方、
ぜひトライしてみてくださいね♪

ご予約優先ですので、048-595-2818 にお電話いれていただきますと確実です。

みんなでわいわい作品作り、楽しいですよ♪
ぜひぜひ。

 
スポンサーサイト

こぎん刺しWS~ヴィシーズ


お久しぶりになってしまいました。。
私は元気にやっております!
時間を見つけてはちくちくと、やっております。

さて、
こぎん刺し・ワークショップのお知らせです。

埼玉県鴻巣市 ヴィシーズさん(2F)にて、
こぎんの針刺しのワークショップを行います。
初心者さん向けのワークショップです☆

こぎんWS

目の粗いコングレスという布に、こぎんのモドコをワンポイント刺して、
器に入った針刺しをつくります
絶妙なサイズで、お裁縫のおともにぴったりですよ。


気になる方、ぜひぜひのぞいてみてください。
きっと、手芸店(ヴィシーズさん)の入り口あたりでやってます♪

●9/25(火)  13:00~16:00 (所要時間の目安は2時間ほどです)
●1200円(別途消費税)
●ご予約不要・席が空き次第当日受付OKです
●定員10名

※ご予約は不要ですが、
 確実にその時間にやりたいな、という方はご予約いただいたほうがもちろんよいです。

●ご予約・お問い合わせ・・・048-595-2818(ヴィシーズ2階~手芸とクラフトのお店)まで

久しぶりのワークショップ、楽しみです。ワクワクしてますp(*^-^*)q


instagram、やっています→

みずのよしえ

こぎんの卓上ほうき

 
久しぶりに卓上ほうきの写真を撮りました。
初期のころからずっと作り続けているもののひとつです。

イベントでも、必ず声をかけていただく人気者。

ほかの方が作っていないという点でも、
自分のオリジナル作品、という気持ちがあって、大事にしている作品です。

  卓上ほうき

自宅では、朝、トーストを食べたあとのテーブルや、
子どもたちが宿題をした後に大量に出る消しゴムかすのお掃除に使っています。

百円ショップのアルミのチリトリと一緒に使っています。便利です♪


※instagramもやっています→

※komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→

草木染め こぎん刺し


 昨年末あたりに草木染めに出会い、
おかげで最近あらためて、こぎん刺しを楽しんでいます。

 IMG_7183.jpg

庭のオリーブの鉄媒染でまさに!のオリーブ色、
同じくお庭のユーカリの鉄媒染で墨色とモグラ色(笑)、
春先、公園で拾ってきたメタセコイヤの実のアルミ媒染でやわらかなベージュ。

自然の色は落ち着いていてとてもいいです。

instagramもやっています→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→


そしてこちらは、
最近自宅用につくったコースターがかわいかったので、
それならば、といくつか作ってみたもの。

  
IMG_7193.jpg

アクリル絵の具でもくもくと雲のかたちをかいて、
そこに刺し子をひたすらちくちくやったもの。

コーヒーでも麦茶でもビールでも。
土の器でもガラスでもいけるコースターだと思う。

アクリル絵の具なのでもちろんお水でじゃぶじゃぶ洗えます。

waiwai 手づくり市


今週5月18日(金)、
鴻巣箕田 佐藤ホームさんにて開催のwaiwai手づくり市に出店いたします。

 DSC_1010.jpg

前回一番の人気者だったこちらの小さなお守り、追加でいくつか製作しました。
図案のひとつひとつに意味が込められてあって、こぎん刺しらしさが感じられると思います。


DSC_1013.jpg

胡桃のチャームもちょっと変化して補充です。
黒いリネン地、ちょっと異国の雰囲気です。

1526337369603.jpg

おいしいもの、かわいいもの、友人へのプレゼント、家族へのおみやげ。
いいものきっと見つかります♪

それからそれから。
毎回駐車場が混雑しますが、おとなりのベルクさんにはお止めになりませんようお願い申し上げます。
佐藤ホームさんの専用駐車場が目の前にありますので、どうぞそちらをご利用くださいませ。

みずのよしえ