Entries

軽井沢 森の中散歩


先日家族で軽井沢に行ってきました。
年に何度も訪れる、家族4人みんな大すきな場所です、軽井沢。

ほんとうはキャンプしたかったのですが、
運動会が延期して、日帰りの森散歩ツアーになりました。

空気がさわやか!
はじめてガイドさんと一緒にあるくツアー、というのに参加してみました。
これがとっても楽しかったです♪


IMG_6484.jpg

↑これはマムシグサ、という草。
名前の通り、まむしのようなルックス。
そして、とちゅうで性転換をするというふしぎな草です。
あちこちに生えていました。
草にもオスとかメスとかあるんだな~(いわれてみればそうなのだけど。)
今この子はオスなのか、メスなのか、という(笑)見分け方なども教えてもらって、
いっそう森あるきが楽しくなります。

IMG_20170529_144646_648.jpg

↑これはアブラチャンという木の葉っぱ。
一枚ちぎってもみもみすると、ハーブの何ともいえないいい香り!
ピザに乗せて食べたらおいしいだろうな~という(笑)

これも森のあちこちに生えていて、
茎の赤いのとか見分けたりできるようになったのがうれしい。
やわらかくて、ほんとうに素敵な葉っぱだったなあ。

熊もカモシカもキツネも狸も棲んでいる森だそうで、
ふとふりむくと「けものみち」があったりして、
そしてその「けものみち」は、ちゃんと水辺やシダ群につながっていたりして、
野生を感じられるツアーでした。
これは、せいたかのっぽの木の上の方にあった大きな熊の爪痕。

 IMG_6496 300

熊ってあんな高いところまで登れちゃうんだ~という驚きと、深い爪痕にドキッとしました。
ツアーでは、ちゃんと鈴をもって歩きます。

あいかわらず鳥が大すきなので、
森の高いところで鳴いている鳥の声に耳を澄ませながらの森散歩でした。

 キビタキ2

あちこちで見られたのがキビタキ。
黒と、白と、鮮やかな黄色。
お歌がとっても上手。

 キビタキ

キビタキは地方によって歌のリズムが違うそうで(それはシジュウカラとかにも言えるそうだけど)、
そういわれると、嬬恋高原で聞いたキビタキの歌とはやっぱり違った気がします。
軽井沢のキビタキの歌は、わりとさっぱりしていました。
嬬恋のキビタキは、トリルとかしちゃって、もっと熱唱型だった(笑)
時期的なこともあるのかな。
2週前にはもっと必死で歌っていたそうなので。

かわいかったのはシジュウカラです。

 IMG_6508 500

巣箱の中を行ったり来たり。
とっても忙しそうに子育てしてました。

ヒナたちは、一日に100匹もの青虫を食べるんだそうです!!!
巣の中にはだいたい8羽くらいヒナがいるそうなので、一日800匹の青虫!!!!
もう親鳥は行ったり来たりです。

また、巣作り中のシジュウカラにも会えました。
もう、それじゃあ前が見えないでしょ~っっていうくらい動物の毛をわさわさとくわえて飛んでいく小さなシジュウカラ。
とってもかわいかったです。

ほかに写真には撮れませんでしたが、
ヤマガラ(見たかったので感動)、ゴジュウカラ(図鑑よりもずっときれいな灰水色。森の忍者とも呼ばれる。)、
コゲラ(一番小さなキツツキ)、カッコウも見ることができました。

なにより空気がきみどり、
葉っぱがみずみずしくて美しくて、
暑くも寒くもなくさわやかで、
とっても気持ちがよかったです。

子どもたちにも今回もいい経験させてあげられて、うれしい休日になりました。

引き続き忙しさがつづいていますが、
気を引き締めて、また日々を楽しんでいきたいです♪

blogもこうしてときどき、更新しますね。大事な場所です。


※こちらは割とこまめにやってます↓

hitoharicoのinstagram はじめました→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→
スポンサーサイト

アトリエハウス~しめ縄WS


先日いつも仲良くしてもらっている友人と、
アトリエハウスさんで開催のしめ縄づくりワークショップに行ってきました!

先生は木食草衣さん。
勝手にだいすきな(笑)先生です。

しめ縄

湿らせて叩いたわらをぎゅうぎゅうしめて、
アトリエハウスさんのお庭からとってきたという南天の実や葉っぱや金柑、ゆずりはの葉っぱでお飾り。
連れて行った長女と次女がけんかするなか、
(とにもかくにもかんぺきにやりきりたい長女と、とにかくまずは参加したい次女の間の、見ていていらいらする痴話げんか。)
それでもああでもないこうでもない、と初めて自分でつくったしめ縄。
すっごく楽しかったです。
参加できてよかった~。

ありがとうございます!

お話ししたいこと盛りだくさんありますが、
年末のバタバタに今年も振り回されていて^^;
またおいおい、の楽しみにしようと思います。

今年一年、大変、お世話になりました。
2017年も、よい一年になりますように。
みなさま、あたたかな年末年始をお過ごしくださいね!

hitoharico**


妻沼手づくり市


今日はぐっと冷え込んでいますね。
午前中、深谷アリオでのこぎん教室でしたので、
ねこちゃんはお留守番でした。
家を出る前に毛布をところどころにわざともぐりこめるようにして置いておいてあげましたが、
帰ってきたらこたつ(ついていないけど、)のお布団のふちに、
これでもか!というくらいまんまるくなっていました。

寒いですよね(笑)

今日、午前中のこぎん教室も、とても楽しかったです。
以前よりリラックスした雰囲気で、生徒さんともたくさんお話ができたような気がします。
ほんとうでしたら来月の3回目で講座は終了になるのですが、
「ぜひ教室続けてください。もっといろいろつくってみたい。」
とみなさんに言っていただいたので、
まだまだ講座は続きそうです。

私もみなさんのお手伝いをするのが楽しいし、
作品をつくりながらのみなさんの反応がとてもうれしく、いい刺激をいただいております。
小さくても細くても、カルチャースクールの教室も前向きに続けて行けたらと思っています。
またご連絡いたします。

さて本題。

先週の日曜日、子どもたちふたりと、妻沼の手づくり市に行ってきました。

  DSC_0424.jpg

今日とは大違いの、半袖でも大丈夫なくらいポカポカ陽気の一日でした。
(前の日はホッカイロが必要なくらい寒かったとか。10月ってこわいですね^^;)
私よりも、子どもたちふたりが「行きたい」きもちが強くて、
いつからこんなに手づくり市好きになったんだろう、というくらい、ふたりしてお財布もって、
「買う」気満々なのでした(笑)

小学生のおこづかい
(まだ低学年なのでおこづかいってほんとうにあげていなくて、おてつだいを10回したら線引いて、
それがたまったらやっと100円、というレベルのお財布です)でも、
それでも楽しく選んで買えるものもあったりで、
子どもたちとあれもかわいいこれもかわいい、あれも食べたいこれも食べたい、と
わちゃわちゃと楽しく過ごして帰ってきました。

  DSC_0419.jpg

↑こちらはいつもお世話になっている牧禎舎さんのブース。
テントはりゅうのひげ(ぬいたい)さんの旦那さんの手づくりだとか!!!
どこよりもスタイリッシュで、素敵なたたずまいでしたよ。
(それなのに肝心のテントの写真がきれているっ。ごめんなさい。
 白くて素敵なテントなのです。私も白いテントがいいなあ。)

私のこぎん刺しも買いに足を延ばしてくださった方がいらっしゃったとかで、
ほんとうにありがとうございます。
こぎんのお守りキットはこの日ですべて完売だそうです。
また永島さんと考えていますので、お楽しみにしてくださいね♪

   DSC_0425.jpg

妻沼の聖天さまは縁結びの神様だそうで、
毎年、「ひもをここに結んでください」、の場所があります。
去年はリボン結びができなかった下の子も、ことしは何とか結ぶことができました。
成長ですね**

子どもたちと3人で歩いたの、とても楽しかったです。
ちょうどこの日の数日後にあの!harutsumiさんにお会いしてお昼をご一緒したのですが、
そのとき、「子どもたちと過ごせる日曜日も、あっという間に終わってしまう」とお聞きしました。
子どもたちのほうが忙しくなるんでしょうね。
私は、毎日曜日こどもと過ごすより、
一人の時間が好きなタイプだと自分では思っていたけれど、
今回手づくり市を子どもたちと歩いてみて、すごく楽しかったし、
楽しそうにしている二人を見ているのもすごく幸せに感じたので、
こういう時間、
だいじにしよう、とおもいました。
なんだかすこしだけ、こんな私でも切ないです。

 DSC_0429.jpg

ということで、先週の日曜日は、
出店で買ったサータアンダーギーや焼き菓子やお団子などを食べながら、
境内の中と外をあっちへこっちへと歩き回った日曜日でした。
すぐにレポートしようと思っていたのにもう金曜日!
一週間て、はやいです(汗)

hitoharico**

horieeeさんのビジューブローチWS!


先日、お友だちと一緒に、吉見町のWOOLYさんへ、秋のワークショップに行ってきました。
horieeeさんの天然石のブローチ・またはイヤーカフがつくれるWS。

天然石はこの中からすきなもの!選べるのって楽しいです。

   DSC_0393.jpg

なにかボンドのようなもので乗せていくのかと思いきや、
ひとつひとつの石を糸に通して縫いつけていくという作業。
おもっていたよりむずかしく、しかもなんとも不器用で、
グループの中で一番遅く仕上がりました。
お待たせしてしまったみなさん、すみません~。

  DSC_0394.jpg

でもほら。天然石の魅力たっぷり。どれも素敵!
きらきらひかって、ゼラチンのお菓子みたいな。
まわりの小さな白い石をつけていくのに苦労して、私って・・と凹みもしましたが(笑)
でもできあがってとってもうれしかったです。


WOOLYさんのWSは、いつもお昼つき。それも楽しみのひとつです。
今回はMAYUさんのお弁当。
これがまた~感激のお弁当でした。

  DSC_0397.jpg

私がWSをさせていただいた時とはまたちがって、今回はビジューのWSだから、と、カラフルなお弁当!

  DSC_0399.jpg

シイタケのスパイス煮、紫芋、レンコン、さといも、ゴボウのバルサミコ炒め!
柿もとろりとして、どれもとってもおいしかったです。。
こんな、ひとつひとつ味に変化があっておいしくってはじめての味なのになつかしい感じ。
こんなお弁当、食べたことない。毎度毎度、感動します。
二度と同じお弁当は食べられない、というのがすごいです。
下のご飯も青菜のご飯!青菜のご飯ってじつは大好物です(笑)ごちそうさまでした。


わたしにとって怒涛のような10月中旬が過ぎ、
月の後半はゆっくり制作、ゆっくり家時間、をすごしたいと思っています。
すきま時間をみつけてせっせとつくったものもありますよ。
また紹介させていただきます♪

hitoharico**






 

牧禎舎WS ~藍染布で巾着づくり**


近ごろ月いちで行われている足袋蔵ネットワークさん主催のワークショップ、
9月のに出かけてきました。

今回は藍染作家さんである鈴木道夫さんの縞の藍染め布(これがとってもかっこいい!)をつかって、
一風かわったかたちの巾着づくり。

巾着の形や縫い方を教えてくださるのは、
行田市在住のパッチワーク作家さん・飛田恭子先生ということで、
とっても楽しみにしてました。
飛田恭子先生については牧禎舎さんのblogのこちらを→
とても素敵なタペスタリーが見られます♪

恭子先生には手縫いでものを仕上げるときの、たくさんのコツ!!を教えていただいて、
とても楽しく勉強になったWSでした。

じゃじゃん!そしてできあがったのはこちら。

kinnatyku2.jpg

両手のひらにぽってりと乗るサイズの藍染め巾着**

これ、裏布がマチになっているんですよ!
とても不思議なつくりなのだけど、全部手縫いです。
しかも単純な作業でつくれちゃう。
この形を知ることができたのも大収穫でした。

形を変えてペットボトルいれとかいいですよね。
キャンプの時の歯磨きコップ入れとかにもいいかも♪
とてもしっかりしています。
巾着紐の先っちょの赤い糸のアクセントもかわいい。
このやり方も目からうろこでしたし、
ご一緒した方々と、ああだこうだと一緒に縫い縫いするのがなにより一番、たのしかったです。

じゅ、10月はこの教室を私がやります。
ものすご~~くドキドキして不安ですが・・・
いただいた参加者リストを拝見しましたら、見知ったお名前もいくつか見えましたので(ありがとうございます!)
なんとか全員のお力を借りて(え、全員??)
楽しいWSにしようと思います♪

今回お知らせが行き届かなかったり、
締め切りに間に合わなかった方々のために、年明け3月あたりにまた開催しようか、という話も出ています。
またこちらでもお知らせしますね**



今回の藍染め布で巾着づくりのWSの様子は、牧禎舎さんのblogにて、アップされています→
一人で来てもワイワイと楽しくやれますよ☆

そういう場所って、やっぱり近頃うれしいです。


そしてそして、9月中旬から、
板橋にて、kakapoせっけんさんの秋の企画展に、
私のこぎん刺しを並べていただけることにもなりました。
また詳細は明日にでもアップします。

楽しい秋になりますように。


hitoharico**




Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム