Entries

こけし絵つけ体験&長女の自由研究


夏休み、あと残り3日です。
ここのところ、毎日カウントダウンしている私。

楽しかったので、さびしい気持ちももちろんあるけど、
でも、でもっ、「なにか」から解放されたい気持ちもどっさり(笑)
9月が楽しみでならないです(言っちゃったよ。)

さてさて、先日、子どもたちとこけしの絵付け体験なるものに行って来ました。
群馬県の伊香保町の手前あたり、卯三郎こけし→というところ。
創作こけしを作っている工房です。
工房見学は無料です。

  こけし工場2

↑ こんなような、こけしを作っている工場、。渋いっ!渋すぎるッ!
それは私もじゅうじゅうわかってるんだけど、
楽しいの。ウキウキしちゃう。
工場って言うだけでもうすでに半分以上楽しくて、その上このレトロ感(笑)たまらない。

  こけし工場1

↑これはこけしのおかっぱ頭を削っているところ。
こういうのを見学して、さすがにちょっと地味好きなうちの子供たちもひくだろうと思いつつ(笑)
ウキウキがとまらない。
完全にお母さん(ワタシ)の趣味で連れてこられた子どもたち二人、でしたが・・・。

  モンスターズインクこけし

卯三郎こけしって、創作こけし、なので、
ところどころにオリジナル製品のキャラものこけしが。
ほこりかぶってる感じがまたいい(笑)

    工場のおじさん

工場のおじさんに声をかけて、写真を撮らせてもらいました。
(このとき工場内には、このおじさんと、もうひとりのお兄さんしかいませんでした。いつも、そう、なのかなぁ・・)

このおじさんが作っているもの。

   ミッフィーちゃんのこけし

ミッフィーちゃんこけしでした~~。←楽しそう。

   ミッキー!

ほかにも、ミッキーのこけしや、ミニーちゃんのこけし「らしきもの」がごろごろ。

   ミニーちゃん

工房の横にはきれいなお店があって、
そこには創作こけしがずらり。
お雛さまとか、干支のこけしとか優しいお顔のこけしがたくさん!

  kokesi.jpgHPより。

わたしも一人つれて帰ってきちゃいました♪

で、そんなこけしの絵つけ体験!

筆をつかって絵付けするので、5歳のパァチクのほうは難しいかなと思ったけれど、
やる!というので3人でやってきました。

  こけし 絵付け

左から、赤い着物のが長女ピィチクの(ねこが嫌がっているのがおもしろい。)の、
まんなかの黄色くて二度と忘れられそうにない顔をしているのが次女パァチクの。
一番右のなんの面白みもないのが私のです。
帯にこぎんを、と思ってたのに、筆が難しくてダメでした。

我が家の信号、ってことで、飾ってあります^∇^


そして、夏休みがのこり3日だというのに、長女の宿題、まだ絵日記が一枚残っています。
(もう一枚はキャンプのことを書いた)
何をかくのかなぁ。
いつやるの?ッて聞いても期待する返事は返ってこないのでもうノータッチです。

自由研究は、今年はちょっとおもしろかった。

秩父寄居町の荒川河川敷で適当に石を拾ってきて、
その石の種類を調べまくりました。
荒川・長瀞の石は特徴的な石がごろごろしていて楽しいのですが、
天然記念物なので持って帰ってきてはいけません。
(この間は知らないで持って帰ってきちゃったんだけど) 
なので寄居町の石。

 石の自由研究

大体砂岩が多いのですが、
面白い、魅力的な石がたくさんあります。
ルーペで見て、「これはせきえい(石英)が入ってる!!」とか、
「この重さはホルンフェルスだよ」とか、
長女はこの夏、石にめちゃくちゃくわしくなりました。

  石のアップ

私はチャートが好きで、長女はホルンフェルスが大好きだそうです。何がいいんでしょうね、ホルンフェルス・・。
あ、チャートもかっっ^^;

石をたくさん拾ってきたので、その石にクラスの人数分顔をかいて、教室の再現、みたいな工作もしてました。

  先生とミナちゃん

↑これは担任の先生で、下の亀は、クラスで飼っている南オカリクガメ、という亀のミナちゃん。
この石を見たとき、「やった~。これでミナちゃんがかけるっっ」とうれしそうでした。

クラスの友だち、一人ひとり顔も表情もちがくて、たのしいです^^
まぁ、なんでもいいから終わってよかったです。

  
川原の石ころ図鑑川原の石ころ図鑑
(2002/07)
渡辺 一夫

商品詳細を見る


 石の自由研究の際に参考にした本はこちら。

多摩川、荒川、利根川、などなど・・
川別に、見つかる石の種類や特徴が載っていて、
ほかにもいくつか本を借りてきて調べることもありましたが、
大体この本が役に立ちました。

お友達の家におじゃましたら、自由工作、とってもきれいな工作が仕上げてあって、
うちのは大丈夫かなとちょっと心配にもなっていますが・・。

始業式の日にごっそり、持っていってもらいましょう。

長々とありがとうございます。

  
  オリジナルバナー.jpg    hitoharico**




スポンサーサイト

おやつマット♪


今日はパパと子どもたちはプールに出かけていきました。
夏休み中プールプールと騒いでいたので、やっと念願かなった2人です^^
私はその間に、中学のときの同級生と、ランチを♪
メールをもらってから、今週の楽しみにしてました**

卒業以来ゆっくりと会ったことはなく、
昨年道端でばったり出会って急いでアドレス交換をしたまんま、
あっというまに月日ばかりが流れてました。
実家に帰省しているということで、時間をつくってもらって今日はゆっくり2人でお喋りお喋り^∇^

先日も卒業以来会っていなかった中学の同級生と久しぶりに会った話を書きましたが、
この夏は再会の夏だな~☆っておもっています^∇^
私自身は地元にいるのになかなか会えない友達が多かった中、
この夏は2人の旧友に再会することができました。

会うと、時間の流れがだだだ~~~っと戻って戻って、
もう楽しくてなつかしくって、
会っていなかった間のあれやこれ、子どもの話や今の話や・・・。
もういろいろ話せて楽しかった!!!

ランチもおなかいっぱい食べて、
今の私があるのはほんとうに友だちのおかげだなぁって思う。

友だちに会って話して大笑いすると、ものすごく、元気出る!
そのうちに同級生の女子だけでも(女子ってもう40だけどね^^;)、
みんなで集まれたらね、って何度も何度もお話したから、
がんばって、同窓会の発起人にでもなろうかな(笑)

ほんとう、今日も楽しい一日でした。
パパとこどもたちはまだ帰ってこないので、少しゆっくりしようと思います^^
と、そのまえに、。

おやつマットをつくりました。
25×18の、ちいさなマットです。

こぎんを刺せるカラーのリネンをとうとう見つけた!!!ので、
そこへめずらしく色糸で、こぎんのラインを刺してみました。

  おやつマット 青

↑ 色が悪いのですが、こちら、彩度の落ちたようなくすんだ青色リネンにからし色の糸で「べこの足」図案を。

  おやつマット レンガ

↑ こちらはほっこりとしたレンガ色のリネンに淡い緑色の糸で「石畳の豆コ囲み」を。

  おやつマット からし

↑ そして最後はマスタード色のリネンにパキっと青糸でオリジナル図案を。

天気のせいでしょうか。色がきれいに出ていないのが残念なのですが、
ほっこりとしていて、これからのおやつマットにぴったりの色合いだと思います。

  かごなどに

「豆コ囲み」はあまり今まで刺したことがなかったけれど、古い王章?みたいな存在感があってかわいい。

    箱などに

「べこの足」は、こうやって重ねて刺すとお花が並んでいるみたいで大好きな図案。

    ワゴンにかけて

こちらのオリジナル図案は最近自分のポーチにも刺しましたが、
レトロな感じがここのところお気に入りです。

   裏

マットをひっくり返すとリネンにワンポイントのこぎん♪

これで夏休みの終わった平日、
自分だけのためにおいしいお茶とおやつで至福の時間をお過ごしください(←100%自分の願望)


あ~、やっとこぎんを紹介するこができました。
こちらは山梨のhirondelleさんへ、9月に納品予定です。
ほかに定番品などを、一緒に納品する予定です。

  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。hitoharico**








藤城清治影絵美術館**


夏休みも残り一週間!

こどもたちと毎日よくお喋りし^^;、よく遊び(家でまったり、も含め。)、
ながながゆるゆるとした夏休みでした。

すっかりブログの更新がままならずで、すみません。
こぎんはちくちくと、細々ですが刺しております。
夏休み明けにはいろいろと紹介できればよいなと思っています。

さて昨日は、義実家両親と私たち家族で、栃木県の那須にある藤城清治影絵美術館→
へ行ってきました。

  藤城清二美術館

藤城清治さんの影絵は、以前山梨県の昇仙峡にある美術館に、まだ結婚前にパパと見に出かけたことがあって、
そのとき昇仙峡の紅葉と、
影絵の幻想的なのとですっかり感動してしまいました。
その藤城清治さんの美術館が新しく那須に出来たと知って、かねがね行ってみたい行ってみたいと思っていました。
義両親もきっと好きなはず!ということで、声をかけて行って来ました。

こどもたちはとくに藤城清治さんを知っているわけではなかったので、
最初は「影絵?」とけげんがっていましたが、
よく目にする絵だし、
ねこちゃんや小人さんや木馬などのモチーフがかわいくて、
思っていたとおり、2人ともすっかりトリコでした♪

作品はどれもとてもとても素敵でした。
色のないモノクロのもの、色が光に透過されてあふれ出ているもの、
躍動感のあるもの、静かなもの、音楽が流れてくるようなもの、風が吹いているもの、雨が降っているもの。

美術は、その作品を見たときビビビッと電気が走ったときみたいに感動することもあれば、
あとからじわじわじわじわじわ、
薄い紙に水が浸透していくように、いつのまにかじっくり心に沈んでいて、
ふと思い出して強く励まされたりするようなことも、あると思う。

こどもたちにどんな感動があったかわからないけど、
ふたりとも飽きもせずよく眺めていて、
とくに上の子は貼り絵がはがれているところもあったとか、あれがよかったこれがよかったと
感動しきりでした。
義両親も喜んでくれたのでよかったです。
私も久しぶりにアート鑑賞できて、うれしかったです。

  ネコちゃん

那須は観光客であっちもこっちもにぎやかで、あの一本道なんてのろのろ運転だったけど^^;
森の中のここは比較的静かで、みどりもしっとり落ち着いていて、
癒されました。

お土産のラスクやらチーズケーキやら、那須っぽいものは何も買ってこられなかったけど、
藤城清治のポストカードをそれぞれお土産に買って、お部屋に飾ったりしています。


今週はパパがお休みということで
(↑今日は朝イチで釣りに出かけていきました。あの人の唯一の趣味です。携帯を忘れていったけど、大丈夫かな?)、

最後のあがきであっちにこっちに出かける予定が入っています。
途中で帰省した友だちに会うこともできそうで、まだ楽しみはいっぱい^∇^

子どもたちとけがなく最後まで過ごせますように♪

いつもありがとうございます。


  オリジナルバナー.jpg

  hitoharico**




読書記録**


夏休み、
子どもたちとの時間のすきを見つけてブログ更新をする、というのがなかなかできなくて、
すっかり更新に間が出来てしまいました。

今日は近況と読書記録です。

こどもたちが順番に夏風邪にかかったり、
それが最後には私に降りかかってきたり、
お友達に桃をお土産にもらったり、
近所の産婦人科でやっている、アロマの工作教室、というのに出かけたり・・・、。

近場でパタパタやってます^^;

中でも一番うれしかったのが、中学校のときの同級生5人とランチに出かけたこと!!
あ~今思い出してもにやにやと思い出し笑いしてしまいます^∇^ たくさん笑って、楽しかった**

子供同士が同じ小学校だったり同じ幼稚園だったりで、わりといつでも会える友人2人のほかに、
地元にはいるものの、子育て&お仕事でなかなかゆっくりとは会えなかった友だちや、
結婚して名古屋に嫁ぎ、今回が卒業以来!という友人にも、
会うことが出来ました♪

名古屋のお友だちに会えることはめったにないと思うので、
前日8度の熱がでてしまったのですが、もう必死で静養しました!!(なに、知恵熱?)
会えてよかった~~♪

中学校のときの思い出話、
自分では割りと昔のことも覚えているつもりだったけど、
同級生の名前もトンチンカンだったり、林間学校の出し物のことで大笑いしたり、
「あのときさ~」と切り出すだけで、笑いが止まらなくなったりで、
いや~。楽しかったです。
最近の話も思い切っていろいろ話せて、夏休み中盤戦、とってもリフレッシュできました。
また会えたらいいなあ♪

そんなこんなで前置きが長くなってしまいましたが、今日はそんな日々の中での読書記録です。

日中は時間がとれないのですが、夜寝る前の読書は継続中で、
7月、8月、と、イッキに読んでしまう本がたくさんでした。
楽しい読書ライフを送っています。

読んだ順に、まずは斉藤洋さんの『K町の奇妙なおとなたち』

K町の奇妙なおとなたちK町の奇妙なおとなたち
(2012/09/13)
斉藤 洋

商品詳細を見る


奇妙でした。なんか、そうっと、奇妙と言うか・・。
一番奇妙なのが主人公の父親です。
地味な本なんだと思うけど、よくよく読むと、突っ込みどころ満載(笑)!!

読んだ直後はよくわからないな~と思っていたけど、時間がたつとその味わいがじわじわじわっと。

初恋料理教室 (一般書)初恋料理教室 (一般書)
(2014/06/02)
藤野 恵美

商品詳細を見る


お次は『初恋料理教室』。
少し前の、カレー特集の『ダ・ヴィンチ』に特集されていて、
すぐに図書館で予約したのですが、もう予約がたくさんで、
やっぱり図書館を利用している方たちはダ・ヴィンチにも目を通しているんだな~と実感しました。

軽い読み物で、京都の言葉がここちよく、お料理もとてもおいしそうでした。
レシピもついていたから、
鶏肉と大根の炊いたんとか、いつものレシピと比べてみようと思って、そのまま返しちゃったな~。

お次はこちら。

石井桃子のことば (とんぼの本)石井桃子のことば (とんぼの本)
(2014/05/23)
中川 李枝子、松岡 享子 他

商品詳細を見る


石井桃子さんの言葉集?が図書館の新刊本の中にあったので、借りてきました。

たくさんの資料や、石井桃子さんへの寄稿文などが載っています。
村岡花子さん(花子とアン)のこともちらりと載っていました。
びっくりしたのが、石井桃子さんが出された岩波文庫?岩波新書?の本のカバーが、
こぎん!!!だったこと~~~。
驚き。
当時はふつうにこぎんが、日本国内あっちにこっちに出回っていたのかな・・・。
ちなみにべこの足、の総刺しでした。すてきでした。カバー、ほしいなあ。
神田の古本屋さんとか、昔好きだったことを思い出しました。


石井桃子さんが優等生だとしたら、佐野洋子さんは・・どうなのかな。

最近めちゃくちゃはまっている、『100万回生きたネコ』の作者、佐野洋子さんのエッセイは、
2作続けて読みました。
どちらも前回以上にサバサバ、スッパンスッパン、ぶったぎり具合で、
シャワー浴びたかのようにきもちいい。

神も仏もありませぬ神も仏もありませぬ
(2003/11)
佐野 洋子

商品詳細を見る


ふつうがえらい (新潮文庫)ふつうがえらい (新潮文庫)
(1995/03/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る


佐野さんのエッセイは、まだほかにもたくさん残っているようなので、まだまだ読みたいです。
たくさん気持ちを残して行ってくれた佐野さんに感謝。楽しい。

そして最後にこの分厚い本を読みました。

ナニカアルナニカアル
(2010/02/26)
桐野 夏生

商品詳細を見る


読むのにものすごくエネルギーが要った本。

佐野洋子さん以上に破天荒を地でいった作家、林芙美子の人生の一こまを、
桐野さんが林芙美子になりきって一人称で書ききっている作品。
すごいな~。
今思い返しても、いろいろすごいな~・・・しかでてこない。

エネルギーを吸い取られてしまったかのようで、このあとすっかり何も読んでいません。

また近々図書館に行くと言っているので、またなにか借りてきて読もう。


読書記録はいつも長くなってしまいます。 すみません。
(ひと月に一度、まとめて書いているせいもあるかな)

こぎんネタは夏休み明けに、どどどどん!とイッキに紹介できそうなこと、たくさんです♪

また覗いてくださるとうれしいです。

  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。 hitoharico**

そういえば、カードケースとがま口**

毎日とても暑いですね。
今日は図書館に行ってきましたが、
駐車場の暑さと言ったら!!ジリジリと、焦げてしまいそうでした。

近くの館林では、今日、39、5度を記録したそうです。
高知県では1300ミリの豪雨だというし
ほんとうに異常気象なのか、
文明の進歩で地球がどうかなってしまっているのか・・(異常じゃなくて、今地球はそういう時期に入ろうとしているのか)。

こわい気がします。
子どものころは、今日は30度を超えて、暑いなあ~~って、言っていたような気がするんですけど・・・。

そんななか、子どもと毎日、あいかわらずチャーハン、うどん(冷)、チャーハン、うどん(冷)、の日々を過ごしています。
(↑お昼ごはんの話ですよ~ッ!夜ご飯はさらに頭を悩ませます。なるべくキッチンに立ちたくない。私って・・苦笑)

先週末は川遊びに出かけました。暑いけど、なんとか涼しい^^;
長瀞にある自然博物館に足を伸ばしたりも。
子どもは無料、大人は200円で、スタンプラリーとかあって、
何の気なしに行ってみたけど夏休みらしくて楽しかったです。(小学生向け)
あまりお金がかからなくて、近くて・・、って、毎日考えているような^^;

さてさて。
すこし、時があいてしまいましたが、
そういえば、こぎん刺しのカードケースとがま口を、作ったまま、ここに紹介するのを忘れていました。

harutsumiさん(埼玉県行田市・うつわと雑貨のお店)のお客様からお願いされて、おつくりしました。
 
   カードケース お店に


カードケースはPPケース(20ポケットつき)が中に入っているタイプです。

    カードケース2
  
麻に紺色の糸でウロコ柄(とその反転)、を刺してあります。

がま口のほうは、以前harutsumiさんに納品させていただいたものの色柄違いです。

   がま口 赤

赤い糸で、裏ウロコ柄を。底の部分は市松を、というのがオーダーの内容でした。
栗っぽくてかわいい♪

    ウロコ市松柄 がま口

お小遣い入れに、お化粧入れに、カード入れに・・
いろいろと使えるサイズだと思います。

おつくりするの、楽しかったです。
ありがとうございます**


    オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。 hitoharico**

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム