Entries

ハロウィンだから。


ハロウィンなので^∇^
数日分のお惣菜をいくつか作りためてる横で(ひじき煮と大学芋を、お弁当に。)、
今朝、クッキー つくりました。

  クッキー


子どもたちが学校に出かけてすぐに、内緒でこそっと。

近頃はクッキーって子どもたちと一緒に作るっていう感じだったので、
一人で作るって、なんだか久しぶり。
生地をこねこね、型抜きサクサク**

ハロウィンなのにかぼちゃ型がないのが残念だけど、
100円ショップの木製オーナメントが可愛かったので、それをくりくりくくりつけて、
私からの小さなサプライズ。

   ハロウィン

びっくりしてくれるかなあ♪


スポンサーサイト

妻沼手づくり市へ行ってきました**


週末、子どもたちと妻沼手づくり市→へ行ってきました。

仲良くさせてもらっているtokitamaさんや、
なんどかこちらにコメントをくださっているfukumimiさん、が出展されていたので、
それを楽しみに♪

tokitamaさんのこぎん、思っていた通りスタイリッシュでかっこよかった♪
1日目のお昼過ぎに伺ったのに、ヘアゴムはほとんどなくて、
拝見するのをたのしみにしていたこぎんの額装は、見ることもできませんでした(涙)
素敵だったんだろうな~♪
すぐに売れてしまったそうです**ん~、早く行けばよかったです。悔やまれます。


ほとんど初めての妻沼で、地図が読めない私は何度も通りがかりの人にお世話になりましたが、
お店の人やスタッフの人たちみなさん声をかけてくれて、とってもとっても楽しかったです♪
商店街のお祭り~~って感じなんだけど、
聖天様はなんだかいい雰囲気で**今度は着物で、とまた思ったのでした。
(なかなか勇気が出なくて、いつも、今度は着物で、になっちゃう・・^^;)

子どもたちはスタンプラリーをして(←ほんと、こいうの好きね~^^)、お団子を一本ずつゲットしてました♪
お団子はつくりたてで温かかったそう♪みたらし大好きの長女はかなりのご満悦でした(翌日熱を出したが。)

あと、石鹸のカービング体験なんかもして帰ってきました。

歩いていたら、行田市のイベント、アーツ&クラフツで出会った作家さん仲間にばったり出会ったりして、
近況をお話したり、
今度あれに出店しようとか、あれにおいで、これにおいで、と、いろいろ声をかけてもらって、
それだけで楽しい気持ちになりました。

やっぱり人は出会いよね♪

私はfukumimiさんのとこでハンコをちょこちょこいただいて、
それから組紐で編んだという、「これは世界一ちいさいんだ!」とおじさんが主張するわらじと、
ゴッツアイ(神の目)、というインディアン風の組紐工芸みたいなのをいただいてきました♪

写真がなくて^^;

また気が向いたらアップします♪

歩いていたら、私のこぎんのポシェットを見て、「かわいい!」と言ってもらったりしました。
素直にうれしいものです♪

最近は、そこに、こぎんのがま口財布(自分のお小遣い用財布)と携帯を入れての行動がすごく多いです。
両手が空くので子ども二人と手をつないで歩けるし、便利です。

自分用のがま口財布ってこちら↓

  お財布がま口

知る人ぞ知る(笑)なつかしの野原図案!!古い~~~(笑)
そして、今思うとどこが野原(笑)?どう見てもインベーダーですかね^^;

刺してあったものをなかなか仕立てられずに放っておいたのだけど、
ちょっと前に自分用にがまぐちに仕立てました。
内布はやさしいピンク色の花柄にしてあって、
やっぱりすたれても女子なのか、開くたびにうれしいものです、花柄♪

お札は2枚に折って入れられます。
お小遣い用なので、これくらいで私には十分。

  ピンクの背景で

 ここのところ作品アップのご要望が多かったので、こんなものですが^^;


妻沼手づくり市は年に2回かな?あるそうなので、またの機会を楽しみにしたいです。
子どもたちがもう少し大きくなったら、もっともっと、ゆっくり歩けるのかなぁと、地元イベント、ますます楽しみにしています♪


  
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ


いつもありがとうございます** 
たくさんのメッセージ、ほんとうにうれしいです。
私は図々しくも元気ですので~♪ご心配なく**(この場を借りて。)  hitoharico**






 

日本民芸館~カンタと刺し子展へ**


先日、都内で人に会う用事があったので、
その前に、
かねがね行ってみたいと思っていた日本民芸館へ→  足を延ばしてきました。

少し前に同じくこぎん刺しをされているtokitamaさんがレポートされていて、
以来、行きたさにますます拍車をかけられていて・・。

雨のなか、閑静な住宅街をあるいてたどりついた日本民芸館。


今ちょうど、『カンタと刺し子展~ベンガル地方と東北の針仕事』 展をしています。

 カンタと刺し子展


古作のこぎんは、はずかしながら初めて拝見しました。
思っていたよりずっとこまかくて、糸も細くて、気が遠くなるような繊細さ。
ながくかかったであろう時間を思って、
それから、誰のために、刺したのかなぁ、と、これを実際に刺した東北のたった一人の女性に思いを馳せたりもして。

こどもの雪靴やちいさな足袋に刺したほっこりなこぎんも、とってもとってもかわいかったです。

そしてベンガル地方の刺繍、カンタには、もうため息が止まらない。
すっごくかわいくて、すっごく細かくて、
針を動かす指の跡が、今もなおわかるような余韻。
刺した人の手のひらのぬくもりが、布にまだ残っているようでした。
19世紀のものがほとんどだったのも、圧巻だった。
行けて良かったな、と思ってます。

この日は向かいの西館・旧柳宗悦邸 の開放もされていて(月に一度)、運よくそれも覗いてくることができました。

柱とか、照明とか、階段とか家具とか畳とか、素敵でした。
窓から見える景色、たとえば大きな木や、その足元に落ちる葉っぱなどまで
柳宗悦の美学がのりうつっているようで、うっとりでした。
小雨が降っていたのがなおよかったのかな。
書斎の本棚もすごい。
どんな本を読んでいたのかな~と、興味しんしんで、しばらく滞在してしまいました。

日本民芸館は、せっかくだから、雨でも着物で来ればよかったな、という、
想像を超えてしっとりとしたかっこいいたたずまいでした。
また別の企画のときには、再び出かけてみようと思います。


あ、お着物の話が出たのですこしだけ。

あまりブログに書いていなかったのですが、
今も週に一度、着付けを習いに行っています。

この間は、きものこすぎのおかみさんときものこすぎの和裁士さんに教えてもらって、
リサイクルショップで買った短い帯を、今のサイズに長く伸ばす、ということをやってみました。

短い帯は2本あって、どちらもリサイクルショップで500円から1000円くらいで買ったもの。
どちらもきれいで状態がよかったので買ったのでしたが、
いざ巻いてみると、結べるんだけど、短い!!お太鼓にすると、手先の部分がもうすこしほしい感じ。
あと1尺あればね、ということだったので、
帯をひらいて、裏の部分から40センチほど切り、
それを手先に縫いつけてみました♪(教えてもらった通りに。)


  帯 長くする

↑ これがその帯。なんだかわかないけど(笑)モカ色のお花の帯です。木綿に合わせています。普段着用の帯です。

裏の部分にはこうやって白い裏地(帯芯部分)が出ちゃうけど、
手先に同じ柄を足せるので違和感が出ない!
途中を切って、まったく違う布を足す、ってことも考えていたけど、教えてもらってよかったです♪

すごくきれいに仕上がりました。うれしいな。

もう一本も、同じように長くしました。

せっかく着れるようになったので、あっちにこっちに、お出かけしないとね。

    
     にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ


いつもありがとうございます。hitoharico**











山梨hirondelleさん~ぬくもり展


お世話になっております山梨県手仕事雑貨のお店hironndelleさんにて、
10月21日~ ぬくもり展 が始まります。

 ぬくもり展3

         ぬくもり展
 
      10月21日(tue)~31日(fri)    ※期間中定休日有り

私からは、秋色のおやつマットや針刺しなどを並べていただく予定です。

  ぬくもり展1

葡萄色のポットマットのほか、カフェオレのポットマットも並んでいます。
こぎんのポットマット、鉄瓶に合っていて、毎度思うことですが、私も鉄瓶ほしくなっちゃいます**

2015年度バージョンのお守りも、只今予約受付中です。
こちらは10月31日までの受注ぶんのみ製作予定です。
ご希望の方はhirondelleさんの通販カートより、お申し込みくださいね→

今年は明るいカラーで、楽しいお守りがそろっています♪
ご家族へのプレゼントにされる方も多いようですよ**ありがとうございます♪



ぬくもり展2
↑ 作家さんの器を乗せていただいて、私のマットも誇らしげ。

 使う人によって、あわせるものによって、雰囲気がぐっとかわるのが楽しいです。


ちなみに山梨のhirondelleさんでは、姉妹店、凸凹古道具店、さんがオープンしました。


凸凹古道具店

↑このレトロかわいいのれんは、hirondelle・オーナーさんの手づくりだそうですよ♪素敵です~**

姉妹店のほうでは、焼き菓子とおいしい珈琲でゆっくりできそうな雰囲気。
わたしも近くだったら足しげく通ってしまいそうです。(焼き菓子大好きなので。)
いいなあ。
ますますのご活躍、たのしみです。


さて、
今週は私は根詰めてやることがあったりで、忙しい週でした。
(まだ週半ばですが、この数日で3歳くらい老けた気分です!)
夜も寝られなかったりで、そのくせ明け方に起きてしまったりで、こころなしか自律神経も疲れているような・・。
今日はこれではいけない、と、ひさしぶりにこぎん、刺しました。癒される~~(笑)

午前中、録画しておいたNHKのドラマ、『昨日のカレー・明日のパン』→
を観ながらこぎんを刺していたのですが、もう、こらえきれず、号泣でした。
やばかったです。

7話で終わってしまうようですが、おうちライフの楽しみがふえました(オイオイ。)
ちなみにほかにはまっているのはやはりNHKの大河、黒田官兵衛です。(NHK大好きなもので。)


久しぶりにこぎんして、ドラマで泣いて、心がじゃぶじゃぶ洗われた気分。
また明日からがんばろう♪

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ


いつもありがとうございます。  hitoharico**





ちいさなこぎん刺し~アクセサリーと小物


10月10日発売、
河出書房新社 刊の、
 『ちいさなこぎん刺し  かわいいアクセサリーと小物』→  
に、私の作品もいくつか載せていただきました。


ちいさなこぎん刺し: かわいいアクセサリーと小物ちいさなこぎん刺し: かわいいアクセサリーと小物
(2014/10/10)
河出書房新社編集部

商品詳細を見る


とってもかわいいこぎん小物が掲載されいて(私はともかく)、
それだけでもうれしいのに、
コングレスを使ったクルミボタンのコツ(←今まで聞いたことがなかった方法!)や、
刺しあがったとき目が埋もれてしまっていたらどうするか、とか、
糸こきのコツ(これも目からうろこ、のところがありました)、
ひと針ずつ刺す場合と一気に拾って刺し進める場合、に言及していたり、
今までのこぎん本よりぐっとていねいに、ぐっとかゆいところを、説明してあると思います。

ひとつひとつのつくり方もとても丁寧で、
私も何度も編集の方とやり取りをさせていただきました。
(とはいえ、私はほんのお手伝い、という感じです。とにかくほかの作家さんの作品がとってもかわいいです♪)

時間をかけて作られている良本だな~と思います。

こぎんのピアスや、こぎんのハットピンなど、
ちいさいのですぐに作れるものがたくさん!!

私の作品では、
ちいさながまぐち、コンパクトミラー、印鑑ケース、そしてちいさなお守り、を掲載してもらっています。

  てのりがま口

ちいさな手のりがま口^∇^ちいさいってだけでかわいい(笑)

   かごにがま口


日々、毎日毎日、いろいろ思うことがあります。

頭でっかちの私なので、パンクしそうになるときもあるけど、
それでもいつも思うのは、今自分ができることを精一杯。
思い至るのは、それだけ。


  お守り ちっちゃい

みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
こんな経験をさせもらって、ありがとうございます。 hitoharico**


   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ




harutsumiさんへ納品~ポットマット&針刺し


昨日、埼玉県行田市 小さなうつわと雑貨のお店 「harutsumi」さんへ、納品に伺ってきました。

harutsumiさんのブログでも→、素敵にご紹介いただいております。
ありがとうございます**

今回納品したものは、
ちいサイズのポットマットやojnさんに作っていただいた木の台の針刺しなどなど。

   ポットマット お店にて

どちらもharutsumiさんと相談しながら、色×色でおつくりしてみました。

定番のこぎんボタンのヘアゴムも、お店にたくさん並びました。

   ヘアゴム お店にて

harutsumiさんのお店、私の中では大人っぽくて、シックで、上品な感じが大好きです。
そんななか、
私のこぎんだけがなんだかほっこりと民芸品ぽく行田らしく^^;並んでおります・・。だいじょうぶかしら・・(笑)


   ポットマット2枚 ジャムの隣


ポットマットは、12センチ四方、と通常よりひとまわりちいさくて、
昨年に引き続き、harutsumiさんでの私のマットの定番サイズになっています。

熱いお茶がおいしくなってきたこの頃♪
急須やポットの下に敷いてあげると、ポットの中のお茶も冷めにくくなりますし、なによりポットがうれしそうです♪
こぎん刺しは大変丈夫で、私が愛用しているポットマットも、もう3年目を迎えます。

グラタンやチーズ焼きなどのオーブン料理の下に敷いてくださっても。
もちろん、汚れたら洗えます。

   針刺し harutsumiさん 3色

針刺しは柔らかい雰囲気で、harutsumiさんらしく仕上がりました。

ojnさん→に作っていただいた木の台は、エンジュ、ケヤキ、サクラ、など、
それぞれ違う木を使ってくださっていて、蜜蝋で仕上げてあります。
それぞれ木のニュアンスが違います。
頭にのったこぎんの柄とくらべながら、楽しんでくださいね。

    針刺し お店にて

そして私はこの日、
出会ってすぐにすきになった原田晴子さんのうつわを、いただいてきました。

平たい鉢皿。
やさしいうぐいす色のと、濃いオリーブ色のものを選んで帰ってきました。
これは前にも2枚持ち帰ったのですが、何を乗せても便利で、
しかも乗せたおかずがぐぐぐっとおいしく見える^∇^←とってもうれしい。
お料理のやる気も断然変わってくるので、家族4人分、揃えてみました。

ほかにロムエンさんの、桃とジンジャーのジャムも**
クラッカーに乗せて、クリームチーズといただきたいなと思ってます♪(おやつ楽しみ~**)

こぎんを刺しやすい季節になってきましたが、
連休中の台風が気になります。

土曜日は下の子の運動会、連休明けには上の子の遠足。
週末のたびに行ってみたいイベントも目白押しで、心のはやる毎日です。

みなさんもどうぞご自愛ください。

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ

いつもありがとうございます。hitoharico**




MY FAVORITE THINGS~リトルプレス

イラストレーター mameritsukoさん→ 製作の、
リトルプレス「MY FAVORITE THINGS~私のおきにいり」。

わたしも参加させていただきました。

いつもお世話になっておりますharutsumiさん に、
mameritsukoさんも同じく作品を置いていらっしゃるご縁で、
私にも声をかけていただきました。

リトルプレス1

ものづくりをしている作家さんやお店のオーナーさん、それぞれの「お気に入り」が
紹介されているミニブックです。
harutsumiさんのオーナーさんの「お気に入り」も、紹介されています♪
かわいいものいっぱいです**


本の巻頭には、このようなメッセージが載っています。

mameritsukoさんより。

あらゆる世代、ジャンルの人々の「お気に入り」のモノ・コト・ヒト・トキ・バショ・・etc
スポットを当ててとりあげます。
それぞれの「お気に入り」から浮かび上がる何かを感じとっていただけると嬉しいです。

定価100円の中から、印刷諸経費を差し引いた売上全てを
義援金、または支援金として送金する予定です。

紙面に参加する人も、購入した人も、
手にとった全ての人々が繋がって参加できるリトルプレスです。

定価100円とありますが、
マメリツコさんのイラストのぽち袋もついています。
お陽さまみたいにあかる~い気持ちになれる色づかいで、うれしい付録です♪


harutsumiさんの店頭にも数冊置かれていると聞いています。
そのほか、イベント等で販売されるそうなのですが、
遠方の方には通販も受けつけているそうですので、
くわしくはこちらをご覧ください→


ここのところ、いろいろと忙しく過ごしております。
近く、harutsumiさんに納品に伺う予定もあります。お楽しみに~♪

  手のひらサイズ 針刺し

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ


いつもありがとうございます。hitoharico**




9月に読んだ本の記録**


今日は9月に読んだ本の記録です。

また、佐野洋子さんを読んでしまいました。

役にたたない日々 (朝日文庫)役にたたない日々 (朝日文庫)
(2010/12/07)
佐野 洋子

商品詳細を見る


佐野さんが、「老いて、思うこと」をつづったエッセイです。

自分が少しぼけてきたかも、と感じ始めたら、また読んでみたいと思っています。
とにかく佐野洋子さんの歯に衣着せぬ物言いがすかっとして気持ちよくて、
長いことはまってしまってました。

でもこの本を最後にして、
どうやら佐野さんワールドから抜け出した模様^^;
きっと、大満足したんだと思う!

そのほか、あいかわらずエッセイばかり読んだ9月です。

    
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 (幻冬舎文庫)
(2014/01/29)
長谷部 誠

商品詳細を見る


次に読んだのは、長谷部選手の『心を整える』。

パパが、
「こういうの好きでしょ。」と言って、勝手に古本屋さんで私用に、と買ってきた本。
好きでしょ、と言われると、うん、すきすき~!と素直に言えなくなる私なのですが、
いつまでも本棚に置いてあるのも気になるので、読んでみました。

長谷部選手、ものすご~~~~~く、まじめなお方。
ストイック。
正直、つかれるほどに、ストイック。

いつも思うんだけど、体育会系とか、ストイックとか、自分には向いてないな~ってつくづく思い知らされました^^;
でもすごい。
きっとこうやって自分を律せる人間じゃないと、
人やチームやニッポンを、引っ張る人間にはなれないんだろうなあ。

パパには言いませんが、今は読んでよかったと思っています(笑)

こんなのも読みました↓

林ことみの刺し子ノート (単行本)林ことみの刺し子ノート (単行本)
(2014/07/24)
林ことみ

商品詳細を見る


興味ありありで、こぎんはもちろん、刺し子や遊佐刺し子、菱刺しのことなど載っていました。

図案集とか、こぎんの成り立ちとか歴史とかがおさめられている本はいくつか持っているけど、
この本は、手芸家林ことみさんの目を通して、日本の刺し子が語られているように思いました。
こぎんのページは、他の本にはない表現を使っている部分もあって、
ちょっとのことだけど、近頃私が個人的に気になっていることのヒントになるようなセンテンスもあって、
ハッとさせられました。

思ったのは、こぎんは、おばあちゃんになっても、ずっと刺していきたいな、ということ。
自分の毎日が楽しいのはぜったいこぎんのおかげだから、
なんか、わたしなりに、だいじにしていきたいな、ということ。

で、大事にするってなにかなって、ちょっと考えてます。

月の後半は、じっくりとこれを読んでいました↓

未来のだるまちゃんへ未来のだるまちゃんへ
(2014/06/25)
かこ さとし

商品詳細を見る


なんと!かこさとしさんのエッセイです。

かこさとしさんは、絵本、『からすのパンやさん』や『だるまちゃん』シリーズの作者です。

 
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る


子どもの頃だいすきでした。

我が家の娘、小2の長女は、もう私の読み聞かせは卒業してしまって、
寝る前に15分くらい?自分でちょこちょこっと本を読んで寝るのが習慣。
読む本も、もう私が選ぶのでなく、自分で図書館や学級文庫から探してくるのですが、
下の子5歳のほうは、今も毎晩、私が本を読み聞かせするのを楽しみにしてくれてます。

先述の『からすのぱんやさん』にはなんと今年、シリーズの続編が出て、
我が家も楽しんでいます。

からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)からすのおかしやさん (かこさとしおはなしのほん)
(2013/04/17)
かこ さとし

商品詳細を見る


からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)からすのてんぷらやさん (かこさとしおはなしのほん)
(2013/05/14)
かこ さとし

商品詳細を見る


ほかにも、『からすのそばやさん』とかいろいろ♪

こどもたちは、『からすのおかしやさん』が好きです。
私は『からすのてんぷらやさん』を読んだとき、震災を思って、心が震えました。

こんなにも端的に、震災の時どうするか、私たちがなにを学んだか、伝える絵本。
かこさんはすごいメッセンジャーだなあと思います、。

そのエッセイは、毎日の子育ての中で、怒ってばかり、叱ってばかりの私に、
大事なことを伝えてくれているんだと思う。
心に響く(というか、耳に痛い^^;)言葉があまりにも多いので、図書館で借りてきた本なのですが、
近いうちに買おうと思ってます。

またまた長くなってしまいました・・。
すみません。

    梅の花ブローチ


 いつもありがとうございます。

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺し子・こぎん刺しへ
hitoharico**