Entries

harutsumiさんへ納品**

7月の24日(金)から30日(木)まで、
行田市内では『忍町アートギャラリー』というイベントが行われます。

  忍町アートギャラリー 市報

市の中心地から半径500メートルほどのエリアにある各店舗でアートの展示やパフォーマンスがあったり、
スタンプラリーやワークショップなどがあるようです。


いつもお世話になっている『小さなうつわと雑貨のお店・harutsumiさん』も、
7月の28(火)・29(水)・30(木)と3日間参加されるそうで、
私のこぎんも置いていただくことになりました。
ありがとうございます**

というわけで、
今日はその納品に行ってきました。

今回のために新しく作ったもの。

     藍染めマグネット

藍染め糸でつくったこぎんのマグネットです。
いろいろに図案を変えて、10個ほど、並んでいます^^
しっかり働いてくれるハズ!期待の新人・マグネットさんです。

そして、新潟の木工作家さんojnさんに台をつくっていただいたこぎんの針刺し。

   木の台の針刺し9点

こちらは色とりどりあります。

木の種類も、サクラやホオの木、ケヤキやエンジュなどいろいろあります。
おしりに木の種類を書いたシールが貼ってありますので、店頭で裏返して見てみてくださいね^^
こぎんを刺す糸の色や上に乗る模様の雰囲気、それプラス、下の土台の木の質感などで、
シャビーなもの、ナチュラルなもの、ほっこりなもの、北欧っぽいもの和っぽいもの・・・といろいろです。
選ぶ際にはぜひ、これ!と思ったものを手のひらに一人だけ乗せて、思案してください♪
ほんとうに、ひとつひとつ雰囲気が違います。
つくっていて楽しい作品。

※中には針が錆びない綿を使っています。
絶妙な深さになっているので、針がもぐっていきません。
つかっていてうれしい針刺しです。

そのほかにも、シンプルなクッションの針刺し(こぎんの総刺し)やミラー、ショールピンなど並べてくださいます。
定番のヘアゴムは、今なら30個ほどの中から選ぶことができます。
先日つくった藍染めのヘアゴムもあります。
(今日さっそくひとつお嫁に行きました。ありがとうございます♪)


***** harutsumiさん 7月営業日 *****

2日 (木)
7日 (火) 8日 (水)9日 (木)
14日(火)15日(水)
28日(火)29日(水)30日(木)→ 忍町アートギャラリー参加(harutsumiさん店内)


今回のこぎん刺しは、7月いっぱいの展示です。
8月はharutsumiさんは夏季休暇となります。
わたしもこどもたちと楽しい夏休みにしたいなあ!


木の台の針刺しは、新潟のojnさんの方にもこのあと納品する予定です。
またこちらでご紹介します。



  いろいろかわいい

いつもありがとうございます**
hitoharico** 


スポンサーサイト

藍染めシリーズ**


私の住む町・行田市はとても小さな町ですが、
『のぼうの城』で映画にもなった城下町としての顔と(でくのぼうのお殿様のお話^^;)、
その後、足袋で栄え、全国で90%のシェアをほこった産業の町としての顔、
を持っています。

今、当時から残っているその足袋蔵を利用しての町おこしが年々元気づいてきていて、
足袋蔵の工場跡地を改築した「牧禎舎」という工房では
藍染めの体験ができるということで話題を呼んでいます。

その牧禎舎さんの藍染めを拝見するたびに→
藍染めの藍色ってすてきだなあといつもうっとりしていた私。

そうだ、藍染め糸でこぎんを刺してみよう!と思いたち・・・

こういうところは「すぐやる課」のワタクシ。
さっそく糸を仕入れてみました。

 藍染め糸

いちばんやさしい色のものが瓶覗色(かめのぞきいろ)。
浅葱→納戸→紺→群青、と5色あります。
この糸を持っているだけで、なんていうか、しあわせ。すごく素敵です。

いつもの私のこぎんは実物より写真の方がよかったりしますが(え~~~ッッ)
この糸は写真より実物の方がはるかに素敵です(断言!)

糸の太さなどを確かめたく、
まずは定番のこれが作れたらいいなと思って、ボタンをつくってみました。

 藍染めボタン

刺してみてボツにした図案、たくさんあります。
(糸がもったいないのできれいにほどいてやり直しました。大切に使いたいと思わせくれる糸です。)

藍染めの糸でこぎんを刺す場合、
微妙な藍の中のグラデーションをすこしでも感じられるよう、面の多い図案を刺すのがいいと思いました。
持論ですが。

オリジナルで見つけた図案も入っています。
段染糸とはちがう、ゆらぎのようなほのかな色味の違いというのが、
たまらないです。

藍染め ヘアゴム


こぎんは秋冬のほっこりしたイメージがありますが、
藍染めのものは夏の暑いときや浴衣などにもぴったりだと思います。
涼しさを呼んでくれるようです。
やっぱりこぎん刺しは日本の刺繍だから、こんなのが似合っちゃうのかな~。

藍染めシリーズ、だいじにだいじに、作品づくりをしていきたいと思っています。

おたのしみに**




ojnさんのこぎんの台座!


新潟を拠点に活躍されていらっしゃる木工作家さんのojnさんより→
こぎんの針刺し用の台座が届きました~~♪

  ojnさんの台座

かわいくて、つい台座だけで写真を撮ってしまいます。

今回は新顔のイチョウやホオの木を使った台座もあります。
(手前の白っぽい肌のものがイチョウの木です!すっごくかわいいですよ~~。)

これからこぎんの針刺しをつくります。
(気分転換しながらのんびりと。)

半分はojnさん、残りの半分を私にもつくっていただいたので、
いつかのときにはお見せできるかな♪
ojnさんのお客様も、楽しみにしてくださったらありがたいです。

何色の糸で刺そうかと、ひとり作戦会議中!

hitoharico**


こぎんのマグネット**

在庫の資材をどんどんつかってしまおう企画~。

足なしの30ミリのくるみボタンがぞろぞろ出てきたので^^;
ちまちまとマグネットをつくってみました。

 マグネット

カラフルな糸で刺してみました。
図案は伝統図案を中心に。

上段のいちばん左の赤いのから、
梅の花の応用(赤)→ウロコ(ベージュ)→雨こ(黄・hitoahrico 命名図案)→
かちゃらずの応用(水色)→ウロコの糸流れ(緑)→亀甲(水色)→籠目(ピンク)

※ちなみに上段の右端にいるのはニルスとモルテン!だいすきでした~。
(ご存じの方、いらっしゃいますか??子どものころに見ていたあのアニメ、
実は北欧の物語なのですよ♪)

下の段左から、
ふくべ(ピンク・「ふくべ」とは「ひょうたん」のこと)→石畳の合わせ(黄緑)→花つなぎの糸流れ(ピンク)→
松かさ(緑・高木裕子さんの図案本より)→切子硝子(青・hitoharico 考案図案)→
リボン(みどり・hitoahrico考案図案)→ソロバン刺しの応用(葡萄)→
りんごっこ(紺・布芸展「こぎん刺し」の本より)

なによりこぎん刺しの昔から伝わってきた図案と、
それにちゃんと名前がついている、っていうことがなんだかすきなわたしです。

  マグネット 引き出しの上に

このマグネットひとつぶで、
学校から配られるプリント8~10枚を冷蔵庫にきちんととめておくことができました^∇^
優秀・優秀♪


hitoharico**

kakapoせっけんさん企画展へ**


先日、
板橋のギャラリーで行われていたkakapoせっけんさんの企画展におじゃましてきました。

  kakapoせっけんさん企画展

kakapoせっけんさんとのご縁は、さかのぼること2年前?

はじめて私がこぎん刺しで出店をした行田市のアーツ&クラフツのとき、
kakapoせっけんさんも出展されていたのでした。

けれど、そのときには私が2階でkakapoせっけんさんは1階。
一度も顔を見ることなく(涙)2日間を終えたのです^^;

その後、何度かメールをいただいたり、
私も、その企画展におじゃましてみたいな~といつも思っていたりなどして、
でもなかなか予定が合わずでうかがえなかった数か月?1年?を過ぎ、
やっと先日、お会いすることができました♪

kakapoせっけんさん、
とってもかわいらしくて、素敵な方でした。
せっけんをつくるという清潔感が全身からあふれているような**
ギャラリーもとてもきもちがよかったです。

 小野銅工さん

わたしはkakapoさんのせっけんはもちろん!
小野銅工さんのバッジもひとつ、いただいてきました。
どれにしようかと迷っていたら、
常連さんらしい方がいろいろアドバイスしてくださって、
無事、納得のいくものをゲットできました(笑)

企画展をしているギャラリーArtcoさんは、
JR板橋駅東口から徒歩3分!のきつねづか商店街の入り口にあります。

きつねづか商店街。
入口にはギャラリーartocoさんの前に教会。
歩いて行くとコロッケ屋さんやクレープ屋さんなんかがあります。
下町なかんじの雰囲気がとても気に入ってしまって、
帰りにはぶらぶらと商店街を歩いて帰ってきました。

  きつねづか商店街

小さな商店街だけど、のんびりした雰囲気。
横にのびる路地もすごく気になる(笑)

中山道をわたって消防署を過ぎると、伏見稲荷のほこら?がありました。
昔この消防署をつくるとき、元あった社をこわしてたてたところ、
家事や狐火が出て悩まされたそう。
それで建立したほこらだそうです。

  伏見稲荷


おいしそうなふっくらとしたあぶらあげがお供えしてありました。
金色のあぶらあげ!

 ユリ

帰りは御代の台商店街などぬけて帰ってきました。
板橋の東口にはきつねづか商店街のほか、全部で5つの商店街があるみたいです。
テルマエ・ロマエのロケ地にもなった銭湯もあったみたいで、
次回、また訪れてみたいなと思ってます。


kakapoさんで買ってきたせっけん、
家の中でとてもいいにおい。

店先でお話したいろいろも、楽しく思いだしています。

素敵な時間を ありがとうございました。


※秋のkakaposせっけんさんの企画展には、
 わたしのこぎんも少し並べていただく予定です。
 (わたしの手が間に合うようなら・・^^;)
何が作れるかな、と私自身もたのしみです。
 
そしてそして。

hitoharicoとしてのこぎん刺しの活動は、児童書のほうがあってしばらく自粛していたのですが、
今は、私のペースでやれることがあるなら、
細々でも続けて行きたいと思っています。
もちろん児童書の方が優先になってしまうのですが、
ご理解いただきながら、小さく楽しく、活動していくのが理想です。

勝手を言いますが、どうぞよろしくおねがいいたします。

(小さく、というのを目指しているので、
 オーダー等も受付しておりません。
 申し訳ありません。)


 hitoharico**






アウトドアにもこぎん!


わが家、ただ今、「夏のキャンプ楽しみだね♪」が家族全体で合言葉のようになっています^^;

毎年行っている軽井沢のキャンプ場、
今年はぜったいテント泊だね、ってことで、
ちょっと前に、念願のテントを買ったのです!!やった~♪

昨年の夏からこっちのテントあっちのテントとネットを物色したりアウトドアショップめぐったりして
テント買うぞ~機運が高まっての買い物だったので、めちゃくちゃうれしい♪

というわけで、夏休みのキャンプ場を早くも予約しておさえている我が家です^^;
で、そのテントデビューを記念して、こぎんでつくりました♪
アウトドアで使うあのイス♪

どっかり座れるLOGOSとかの大きいイスもあるけれど、
案外こういうちっこいイスが、キャンプ場では活躍してくれるので、
私たち家族の中ではR2D2なみにかわいい子たち。


  アウトドア イス

運動会とかでも使う、普通の、あのぺったんこになる小さな折りたたみイスなのですが、
前回同様、背もたれの部分と座るところに、こぎんを施してみました。

これからはイベントにも持っていこう♪
すごくかわいくできたと自負しております。
家族にもこちらは大好評です(ますますキャンプ熱が高まっています!)

  お気に入りの図案

こげ茶の方は最近お気に入りのこの図案。
『かわいいこぎん刺し』(日本ヴォーグ社)にも使っていただいたこちら↓の図案を刺しました。

  トート

自宅用なので、裏はそのままこぎんの裏が見える仕様に。


   裏


突っ込みどころ満載な出来ですが(笑)↑
いつでも修理できるし、
じゃんじゃんお外で使います♪

 リビング2で

使っているのはどちらもコングレスです。

あの分厚く丈夫なコングレスだからこそ、座面に使える♪
むしろアウトドアっぽい材質だなあと、いつもいつも、キャンプの時思っていて、
ほかにもキャンプ用品として、こぎんでこんなのあったら、あんなのあったら、と妄想しているもの、
たくさんあります^^

つくっていてとても楽しかったです。
この、想像しているよりかわいいものができたとき、というのがうれしいなあ♪
(想像の状態のハードルがすごく低かったというのもあるけど^^;)


今日はこれから、下の子の幼稚園の観劇会(ジャックと豆の木を劇団の方が演ってくださる)、
そのあと上の子の家庭訪問です!(掃除は先ほど終了しました)

午後はバタバタになりそう。お夕飯は親子丼でごまかします(笑)

hitoharico**






Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム