Entries

ワークショップ 受付終了しました。


10月17日に予定しております藍染め糸でこぎん刺し体験のワークショップ、
おかげさまで定員いっぱいになり、受付終了になりました。
気にかけてくださったみなさま、ありがとうございます!

 WS03_posters.jpg


私にとってはじめてのワークショップ。
申し込んでくださる方がいらっしゃるのかどうか、実はとてもドキドキしていたのですが、
スタッフの方々のお力添えやいつも応援してくださっている方々のおかげで、
15名の定員で当日を迎えられそうです。
ありがとうございます。

10月に向けて、しっかり準備をしたいと思います。

 おまけのピンクッション 400px

夏休みもあと少しです。
9月から、またそれぞれの新しいことがあちこちでスタートしますように!

感謝のきもちでいっぱい。 hitoharico**




 
スポンサーサイト

ワークショップの受付、始まりました。



埼玉県行田市の行田足袋蔵ネットワークさん主催のワークショップ、
10月は『藍染めの糸でこぎん刺し体験**』、ということで、
私もお手伝いさせていただくことになりました。

  WS03_posters.jpg

まだ10月には早いですが、受付、始まっています!
ポスター作ってもらいました*^∇^*ワーイ。
くわしくは牧禎舎さんのblogをご覧ください→
募集は定員になり次第、終了となります。

  WSサンプル 400px

みんなで古民家でちくちくするのは・・・
手のひらサイズ(W5.5×H8.0)のこぎん額です。

左から、『竹の節と市松のライン刺し』、『きくらこの花こ囲み』、『ウロコの花つなぎ流れ』、です。

2時間のWSなので、一番右の総刺しのものは、ちょっと頑張ってもらうことになってしまうかもしれませんが^^;
もし最後まで刺せなくても、こぎん刺しは中心から上下に向かって刺していくので、
上下に均等に刺し進めていけば、全部埋められなくてもまた空間のある配置になって楽しいと思います。

真ん中のものと左のものはお喋りしながら刺せる、わかりやすく人気な図案を選んでみました。
この3つの中からどれかひとつ選んで刺していただけます。

布(麻布)やフレームはもちろん、
こぎん用の針が一本と、牧禎舎さんで染めていただいた藍染の糸がたっぷりつきます。
そしておまけにこぎんのピンクッション(5×5のちいさなものです)もおひとりにおひとつずつつきます。

  おまけのピンクッション 400px

申し込んでいただいた人数分をおつくりする予定で、
ただいまちくちくと製作中です。
ぜんぶちがう柄にしたいなあと、あれこれあれこれ(笑)
講師なんてしたことないし、
人前で説明するのとかほんとうにほんとうに苦手なので、
顔を真っ赤にしてあたふたしてしまうかとは思うのですが、
ご迷惑をおかけすることは承知の上で、楽しめたらいいなと思います。

藍染めのものを使った作品や、こぎん刺しに興味がおありの方は、
ぜひこの機会に牧禎舎さんにいらしてくださいね♪
一緒に楽しくちくちくしましょう^∇^**

お申込み、お待ちしております。 hitoharico**




藍染糸でこぎん刺し、のワークショップ準備


10月に、行田市・牧禎舎さん→で藍染糸をつかったこぎん刺しのワークショップを行う予定で、
今からその準備をすこしずつ進めています。

先日はいつもお世話になっている牧禎舎さんのスタッフさんに、
オリンパスのこぎん糸を藍に染めていただきました。

洗ったり干したりを繰り返してくださって、
とてもきれいな藍色です。
あかるい藍色、濃い藍色、と並べてみました。

  藍染糸

↑夕方に撮った写真なので、少し赤みがさしているかな?

素朴で深い藍色です。
あんまりこっくりとした藍色なので、
指に少し色がつくかと思いましたが、
ちっともつきませんでした。

昨日は久しぶりに夢中になってこぎん刺し。
こぎん刺しは、やっぱりあたまがさっぱり整理されたような気もちになります。

牧禎舎の藍染は、化学的なものを一切使わない、天然の藍染だそうです。
いろいろお話を聞いていると、
藍窯の中にいるのはほんとう、生き物のようです。おもしろいなあ。

ここ数日で、サンプルをいくつかつくる予定です。
これいいな、と思っていただけるようなものが、できますように。
藍染めの魅力がしっかりつたわるようなものが、できますように。

hitoharico**

麦わら帽にこぎんの蝶々**


夏休み前につくったもの。
自分用に。
麦わら帽子につける蝶々のブローチ。

  麦わら帽子


作り方はこちらの本を参考にしました。

 koginnhonn.png

中にボール紙を入れて型にする作り方がいくつも載っていて、
それを真似っこしてつくってみました。
いろいろな形が作れて楽しいかも♪

わたしは藍染めの糸をつかって。

花コ模様の連続刺し、やっぱりシンプルですっきりしていていいです。
蝶々の触角?目?の部分は、
コサージュとかをつくるときにつかうやつ(ペップ?で、合ってる?・・・)に、
トップコートを塗ってつけています。
色を白じゃなくてもっと遠目からでも見えるのにすればよかったな。

  ちょうちょブローチ

先日のキャンプの時も、これかぶって森の中を過ごしてみました。
(森のあの空気・・・戻りたい。戻れない。今は38度超えの熊谷のおとなりで暮らしています・・)


今日はパパが子どもたちをプールに連れて行ってくれました(謝謝・シェイシェイ!)

暑いさなか、
みなさん体調崩されませんように。

・アスファルトにも帽子にも校舎にも夏の粒子が空から降って
      ・・・天野慶

夏の短歌はまぶしいな。 hitoharico**