Entries

モノゴトさんから** 藍の抜染綴り帖


先日、
染色家でいらっしゃる「モノゴト」さん(先日のWSでは大変お世話になりました。)から、
とてもびっくりなものをいただいてしまいました。

藍の「抜染」という技法で作られた綴り帖です。

  型染めのノート

不勉強なもので、
「抜染」というものがどんなふうに行われるものなのかまったくわからないのですが、
きれいな藍色で、ひと針ずつ縫いとめてあって、すごく素敵なノート~~!きれいですね~~!!と、
見惚れていたら!!!
なんと!!
「抜染」によって描かれているものが、
ぜんぶ自分のこぎん刺しの作品だ!!ということに気づきました。
驚きました(@@)すごいすごい、すごいです~~。

古い作品から最近の作品まで・・・
ほんとうにうれしくてびっくり。

たとえばこのホウキとか・・。
(このホウキの画像自体が久しぶりですよね。
さかのぼって調べてくださったんでしょうね。。ありがとうございます。)

※ホウキ自体は、毎日我が家で活躍してくれている自宅のホウキです。

 ホウキ

それにこのポシェットとキーリングも、
毎日私が使っているものなのですが、きれいに「抜染」して、再現してくださっています。

バッグとキーリング

ほかにも、帯留めとか、梅の花のパッチン留めとか。
私自身も懐かしいものばかり。
なんだかひさしぶりにモチベーションをドッカンドッカンと叩いてもらった感じです。
ありがとうございます~~。
わたし、こぎんも頑張りますっ(笑)!


今は、在庫の布や糸で作れるものをちまちまと作っているのですが、
これが終わったら材料もまた投入して、
頭の中にあるものを、ひとつひとつ、作っていきたいな。
目新しいものはないかもしれないけれど、私らしいものを作りたい。
ああ、わたしのこぎんでもいいんだな、って、
勘違いかもしれないけど(笑)思えた瞬間。
ありがとうございます。

また周りの人に助けてもらっている私。
感謝感謝。感謝しかないです。

hitoharico**



スポンサーサイト

つきやさんの麻でボタン


弘前・つきやさんの帯幅麻にこぎんを刺して、
ボタンをつくってみました。

  つきやさんの麻でつくったボタン

いつも使っている麻は越前屋さんのツヴァイガルトリネンのカシェルというものです。
目が細かく、均等で、細かな図案がきれいにでます。
今回のつきやさんの麻は9目でざくざくとしているので、できあがりもいつものにくらべてより素朴な感じかな。
ほっこりして、これはこれでまた別の魅力です。

使っているボタンが25ミリのものなので、
その中にすこしでも模様を入れて世界観をつくろうとなると、
やっぱり図案も限られてきます。
今回はそのいろいろのお試し。
小さなハギレも捨てずにとっておいてよかった♪

hitoharico**

10月17日 こぎん刺しワークショップ


10月17日(土曜日)、
待ちに待った牧禎舎さんでのこぎん刺しワークショップ!開催されました**

R1010783.jpg

長丁場になりましたが、みなさん肩こりなど大丈夫でしょうか。
こうして集まってくださって、みなさん最後まで取り組んでくださって、とてもうれしかったです。

R1010788.jpg

小学4年生のお嬢さんも、お昼を挟んで(お昼はママの手作りお弁当♪)、最後まで頑張ってくれました。
糸がこんがらがってしまったり、図案のどこを刺しているのかどうかわからなくなったり、
何度もパニックになりながら(笑)ほんと、がんばった~。

時間内に上級向けの総刺しをピシッとかっこよく刺して帰られた方もいらっしゃいましたよ♪

R1010793.jpg

とってもきれいに、糸もぷっくりひきそろって、刺し間違い一つありません。
こぎん刺しは初めて刺されたということで、びっくりでした。
ものすごく集中して、楽しい!と言ってくださったのがうれしかったです。

わたしに至らない部分が多くて、ご不便もたくさんおかけしたかと思うのですが、
皆さんの笑顔を拝見できて、私には大変な栄養になりました。

私のはじめてのワークショップを企画してくださった牧禎舎さんスタッフの永島さん、
お手伝いをしてくださった尾見さん、
当日私に温かい言葉をかけてくださったみなさん、
遠方から電車を乗り継いで来てくださった方も、地元の応援してくれた友人も、ありがとうございました。

ざっくりとしたことしかお伝えできなかったのですが、
みなさんはどうだったかな**


そして牧禎舎さんでは、今後、藍染の糸のこぎんヘアゴムやマグネットを、置いていただけることにもなりました。

  藍染めボタン

牧禎舎さんの藍染め糸を使った製品です。
今後も藍染めこぎんをいろいろつくってみようと思っているので、どうぞお楽しみにしてくださいね♪

私はたのしかった土曜日のことを、あれからもう何度も何度も思い出しては、
ひとり、にんまり、しています^∇^*


hitoharico**

ポットマット**


東京・板橋でのkakapoせっけんさんの秋の企画展、大変お世話になりました。
無事、6日までの2週間を終えました。
わたしもkakapoさんのオリーブ石鹸とマルセイユ石鹸をゲット!
(現地には行けなかったので、送っていただきました。ありがとうございます**)

私のこぎん刺しも手に取ってくださって、とてもうれしく思っています。
今はまた、がんばろう!という気持ちになっています。
やる気スイッチ、時々押して、押してもらって(笑)がんばろう♪


最近作ったものといえば、久しぶりに、ポットマットです。

 ちいさいず ポットマット

これも昨年の冬から数枚作っています。
からしの生地に、紺色の糸で竹の節の縦枠を。

前みたいにまた、ポットマットもいろいろな模様や色で、つくりたいなあ。

のんびりとですが、また、在庫を増やそうとちくちくちくちく、やっていますよ。
ちょこっとずつ、ここにもアップしていきます。


hitoharico**

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

instagram はじめました→

komadoの読書記録も、 こそこそとやっています→


※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

※2014年より 児童書作家としても活動しています。

 ねこの風つくり工場

IMG_5565 sikaku
 

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム