Entries

ヒンメリワークショップ、参加してきました。


先日、吉見町WOOLYさんにて行われた木食草衣・飯塚さんによるヒンメリワークショップ、
とっってもたのしかったです。

 ヒンメリ

レポ、komado通信のほうにかきました→
 
あたらしいものを教えていただいて、とてもわくわくした気持ちです。

さてさて。
私も夏を目の前にして、作品づくり、本腰入れます~~!!

またお知らせさせていただきますね。

hitoharico**

スポンサーサイト

ojnさんの木の台の針刺し**


新潟でご活躍の木工作家さん・ojn handmade hutさんにお願いして作っていただいている木の台の針刺し、
ここのところ私のぶんも合わせて、チクチクチクチク、作りためていました。
いつも同じような写真で申し訳ありませんが…。

 IMG_4681.jpg

ワタシ的にやっぱり外せないふくべ(ひょうたん)の図案や、
あたらしく加わった木の実の図案、杉の木刺し(←勝手に命名)などなど、つくってみました。

半分はojnさんのもとへ、先ほど発送してきました。
もう半分はわたしのところ。
今回も銀杏の木やホオの木、ケヤキや桜など、木の種類もいろいろです**

8月の都内の展示企画展にお誘いいただいたので、そちらに並べたいなと思います。

そのほか、
手芸屋さんでちょっとお高めだったけれど素敵な額を見つけたので、
それをつかって自宅用に小さな額をつくってみました。

  IMG_4697.jpg

額がいいと、雰囲気もぐっといい?(笑)
もっともっと、家の中にこぎん刺しを増やしたいな~。
秋冬までの課題にしよう。


hitoharico**

城南小学校 家庭教育学級~6月17日


写真が手元になくて、お話が前後してしまったのですが、
先週6月17日(木)、
さいたま市の城南小学校「家庭教育学級」にて、こぎん刺しのワークを行ってきました。

これは、以前3月に、クローバー柄のヘアゴムのワークショップを企画してくれた→私の10年来の友人が、
お嬢さんの通われている小学校でまたまたお膳立てをしてくれて、
それで叶ったお話です。

こうやって私のまわりでひとつひとつの縁がつながっていくこと、最近とても実感しています。ありがとうございます。

で、この小学校でのワーク、
学校での企画ということもあり、
念入りに念入りに、友人とスマイルクローバーさんのお友だちたちが画策してくれて、
みなさんがかならず時間内に終わること、
図案の読み方、教え方、などなど、本当に細かく準備してくれました。
なんと、39名!!という会だったのですが、
そのうち7~8名?くらいはあれからこぎん刺しを続けてくれているメンバーで、
当日はスタッフとしてバッジをつけて助けてもらい、
無事、皆さん時間内に作り終えることができました。

つくったのは手のひらサイズの額です。
みなさんがすきな松かさ図案を、横にポンポンポン、と配したシンプルな図案を刺しました。

   page.jpg

※お写真、お借りしました。大所帯の感じ、わかりますか~~。ひやひやしましたが、とてもいい会で、うれしかったです**

なにより友人の心遣いに感動でした。
ほんとう、お世話になりました。

こぎん刺しが初めてという方や、最初、図案の読み方に戸惑っていらした方もいらっしゃいましたが、
その方がさいごには図案をアレンジしてどんどん自分らしいものを作られていたのにはおどろきでした(笑)
糸の引き方で出来上がりの雰囲気もひとりひとり変わります。
手づくりってそういういところがいいですよね。

楽しかったといってくださり、とてもうれしかったです。
いい体験ができました。

お昼にはみなさんとランチをいただいて帰りました。

  DSC_0205.jpg

みなさん子育て真っ最中のママさんで、家の仕事も楽しまれている方々ばかり。
おはなしも楽しかったです。

梅雨に入って、洗濯もののことなどなかなかはかどらない家しごとですが、
今日もみなさん頑張っているのかな。
いつもblogを読んでくださっている方々も、ありがとうございます。
みんなみんなの力をもらって、今日も明日もがんばります!

hitoharico**

北本アトリエハウスさん**


いろいろなご縁があって、先週から、きたもとアトリエハウスさんに、
hitoharicoのこぎん刺しを置いていただいております。

 無題

アトリエハウスさん、とても素敵なところです。
北本自然観察公園わきの森の中にある、一軒家カフェです。
金曜日と土曜日、そして日曜にオープンされていて、
畑でとれた季節のお野菜や、おいしいケーキをいただくことができます。

私の中ではアトリエハウスさんは森の中、緑の中にあるイメージなので、
こぎん刺しにも、
緑色や陽射しの色・黄色などをつかってみました。

お色や柄は、季節によって変えていけたらいいなと思っています。


納品にうかがったときは、ちょうどカフェの前にある梅の木の足元に、
黄色く熟した梅の実がたくさん落ちている日でした。

   DSC_0207.jpg

「そういえば今年も梅を仕込もう仕込もうと思っていたのに、まだ青梅も用意していないです・・」とこぼしたら、
ちょうどカフェのカウンターにいらしたのが、
先週アトリエハウスさんで梅の実をつかったワークショップをされていた飯塚さんで、
「よかったら梅の実どうぞ~」
と言ってくださり!
一緒に梅の木から梅の実を収穫することに(笑)

飯塚さんには脚立をおさえていただいたり、「こっちにも!あっちにも!」と、
梅の実のある所を教えていただいたりしました。
暑い日でしたが、手と足をううんとのばして(笑)、
梅の実、たくさん収穫してきちゃいました。

 DSC_0208.jpg

↑この梅の木ですよ!
 飯塚さんのお話ですと、この梅の木は、70歳のおばあちゃんが子どものころのぼって遊んだ、という思い出の木だそうで、
ということは、この梅の木は70歳を優に超えている!ということ。
幹なんて二つに割れてしまっているのに、
梅の実はどれもとても大きくて、蜜まで出てきている実がいくつもありました。
汗だくで収穫している間も梅の青い香りがふわっとただよって、
なんともさわやかな気もちになりました。

こんな体験を、ありがとうございます!

家に帰って、
さっそく子どもたちと梅の実をあらって水けをふいて、
芯の部分を取り除き・・・、

  IMG_4668.jpg


梅シロップひと瓶と梅酒を2瓶!、仕込んでみました。
梅シロップのほうは毎日ガラガラとゆすってみてます。

出来上がりはまだ少し先ですが、楽しみです♪



そしてそして、。
ひとつひとつがこだわりにあふれたアトリエハウスさん、
25日(土)、26日(日)には、騎西町の「きさいものづくりどおり」に出店されるそうです。
おいしいコーヒーを淹れているのだと思います!!

こぎん刺しもそのときもっていってくださるそうなので、
お近くの方はぜひ。小さいけれど、とても素敵そうなイベントで、興味津々です。

無題2


私のほうは、今週金曜日に、この時初めてお会いした飯塚さんに、
麦の穂を使ったヒンメリづくりを教えていただけます!(なんていうご縁^∇^)
またレポさせてくださいね。

30℃を軽く超える日が続くようになりました。
これから夏本番でしょうか。
みなさんお体ご自愛下さい。

hitoharico**


蝶々ブローチWS 開催!

先週土曜日(小さなお友だちの誕生日!8歳おめでとう♪)、
吉見町・WOOLYさん→での『お気に入り展』のひとつとして、
こぎん刺しのワークショップを開催してきました。

   tumblr_o8l3cwnvrA1u3xd9so1_1280.jpg

教えることがいまだにうまくいかない私と(スミマセン!)、
みなさんにとって初めてのこぎん刺し、ということで、
あいかわらず私にとっては綱渡りみたいなWSなのですが・・、

最初の一段目の質問タイムが過ぎてからは、ちくちく、し~~ん・・と、集中する時間もあって、
みなさん、こぎん刺しってこうだ、みたいなもの、わかっていただけたのではないでしょうか**

静かな時間の中に私のおなかがぐうと鳴る・・みたいなこともたびたびあって(笑)、
ひと山ふた山あったりもしましたが、
みなさんさいごにはかわいい蝶々をつぎつぎ仕上げてくださいました!!じゃじゃん!

    DSC_0200.jpg

さっそくお洋服につけてくださったり帽子につけてくださったり。
お子さんへのプレゼントにと、ふたつ作ってくださった方もいらっしゃいました!!すごいです。

午前の部が終了してのお昼には、
北本のGOHAN MAYUさんのお弁当が!!

   DSC_0198.jpg

GOHAN MAYUさんのお弁当はイベントなどではすぐに売り切れてしまう大人気のお弁当なのです。
お野菜たっぷり。私たちにうれしい献立です。
今回はそれだけじゃなく、
ちくちく作業のワークショップのお昼ということで、
なんと、目を労わるブルーベリーをつかった鶏肉煮込みや、
肩や腰をいたわる食材がたっぷり入っていました~。
おかひじきのナムルやこくこくとした黒豆、 おいしかったです!
パスタはワークショップにちなんでなのか、蝶々の形。かわいい&とってもうれしい!
MAYUさん ありがとうございます。
みんなでおしゃべりしながら楽しくいただきました。

午後の部は10人、と増え、
時間的にタイトなところもありましたね。。お待たせしてしまったところ、ほんとうに申し訳ありませんでした。
おやつには東松山のキャズエトコルネさんのタルトとおいしいコーヒー。
ダークチェリーのタルトとルバーブのタルト、選ぶことができました。
私はルバーブのタルト。タルト部分がサックサクで感動でした。
ごちそうさまでした。


WOOLYさんでは今月いっぱいまで、『小さなお気に入り展』開催しています。
なかなか作品が回ってこないほどの人気作家さんのものもあって、
初日は都内から電車でかけつけるお客様もたくさんいらっしゃったそうですよ。
そんな作品をじかに見ることができる機会、とてもうれしいです。

   IMG_4149.jpg

改めまして、ワークショップにご参加いただいたみなさん、ほんとうにありがとうございました。
前にオーダーいただいた方にとうとうお会いできたり!
ハルツミさんで私のこぎん刺しをかわいがってくださっていた方とお話ができたり!
私にとってうれしい時間でした。お声がけくださって、ありがとうございます。

その後もご質問等ありましたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。
布のことや糸のこと、お話しできると思います。

hitoharico**



ワークショップ準備


いよいよ明日、吉見町WOOLYさんでのこぎん刺しワークショップ、開催です。
おかげさまで午前・午後ともに、満員になりました。ありがとうございます!

昨日までに少しずつ、準備、進めていました。

 IMG_4663.jpg

当日はこのような説明書は要らないと思うのですが、
キットを持ち帰りご希望の方もいらっしゃったので、自宅に帰ってもまごつかないように。

みなさんの蝶々に会えるのが楽しみです!
そしておいしいごはんとおやつ、素敵な作家さんたちの作品も、どうぞおたのしみに~~♪


作品作りのためのこぎん刺しも、ちまちませっせと刺しためています。

  IMG_4664.jpg

そろそろ作品アップしたいところ。

hitoharico**
 

WOOLYさん♪


ご紹介が遅くなってしまったのですが、6月に入り、
吉見町・WOOLYさんで、『小さなお気に入り展』、始まっています。

IMG_4149.jpg

人気の作家さんの木工品や陶器ブローチなど、たくさん並んでいます。
私もサトウカヨさんのガラスのブローチ、ゲットしました**

こぎん刺しも少しだけ、片隅に置いていただいています。


WOOLYさんは、
自宅隣りにたてられた雑貨屋さん、そして織物などのワークショップなどができるお店なのですが、
お店の壁にはたくさんの毛糸、大きな織り機などあって、ほっこりとした素敵な場所です。
なかでも先日訪れたときのお庭がほんっとうに素敵でした。

カメラをもっていなかったので携帯での写真なのが悔やまれます!
許可いただいて、何枚も撮っちゃいました^^;

  DSC_0176.jpg

芝生のメンテナンスに頭が下がる思い・・。(この後自宅に帰って慌てて草むしりしました。。)
周りにちりばめられた銀葉の植物たち、フォルムがとってもスタイリッシュな花、立派なバラの木など。

名前やコツをたくさん聞いてきました。

  DSC_0181.jpg

ちょうど実がなっていたジュンベリー。
おかしいなあ。
ジュンベリーはわが家にもあるんだけど、実のつき方がこんなにかわいくない(笑)!

   DSC_0182.jpg

こういう感じ↑あこがれます。
主人にもこの写真を見せて力説してみたのですが・・果たしてこの雰囲気、あの人に伝わっただろうか^^;
いや、ほんとうは「うちの人」以前に、自分がもっと、植物の手入れとかしっかりやらなくっちゃいけないよね。。

反省です。

お庭が素敵って、
その方の心もピカピカに磨かれているような感じ。
トイレとか、家の鏡とかと、同じだよね。。
ああ、反省しきりです。


さてさて。
今日はうちの子たち2人とも、家庭訪問です!
お掃除は一応済ませたんだけど…なにかほかにもすることあったっけ?そわそわです。

あ!今週末には前述のWOOLYさんで私もこぎん刺しの蝶々ブローチのワークショップやります♪
お楽しみに~。

hitoharico**

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム