Entries

北本アトリエハウスさん 


8月半ばのお盆中だったでしょうか、
北本のアトリエハウスさんに、こぎん刺しをすこし、置かせてもらいに行ってきました。

 DSC_0053.jpg

ヘアゴムは、モノトーンのものや、藍染め糸(牧禎舎染め)のヘアゴム、ガラスビーズのものなどいろいろです。
ほかにojnさんとのコラボ・木の台の針刺し、がま口、ほうきなど。
木の台の針刺しはすでに半分は連れて帰ってくださった方がいらっしゃったとお聞ききました。ありがとうございます。

アトリエハウスさん、毎週、金・土・日の11時から営業しています。
森の中の一軒家のカフェです。
木食草衣さんの新鮮野菜たっぷりのランチ、ケーキ、おいしいコーヒーをいただくことができます。

私もひと月に一度、寄らせてもらえるようになってうれしいです。

hitoharico**


スポンサーサイト

9月11日 スマイルウーマンフェスタ**

9月11日(日)、さいたまスーパーアリーナにて、「Smile Women フェスタ2016」というイベントがあります。

  swf2016flyer_thumbnail.jpg

いつもお世話になっている牧禎舎さんも、共助社会づくり課ブースに出展されるということで、
私も、
そこでちょっとしたこぎん刺しのワークショップをさせていただくことになりました。

スマイルウーマンフェスタ自体は9月の10日と11日両日ありますが、
牧禎舎さんの出展は11日のみです。
私のワークショップは、11日の午前中、2回に分けて4名ずつ、行います。

あまり時間をかけず、通りがかりの方にひょいっと体験していただけるよう、
簡単なブローチにしてみました。
牧禎舎さんで藍染めした刺しやすいコングレスを使って、梅の花のブローチを作ります。
 
 WS13A_poster_2016081614230175d.jpg


 
●藍染めこぎん刺しブローチ作り

▶日時
9/11(日)(1)10時半〜(2)12時〜

▶集合場所
スマイルウーマンフェスタ会場内、ブースNo. S42-43(共助社会づくり課内)

▶内容
牧禎舎の藍染め布を使い、小さなこぎん刺しのブローチを作ります。初心者でも短時間で完成出来る気軽なワークショップです。
刺し子糸を紅白どちらか選べます。
ブローチ直径3cm。

▶定員
各回4名(予約初回4名のみ)

▶費用
800円

▶主催
ぎょうだ足袋蔵ネットワーク

▶問合せ
同ネットワーク Eメール makitei@tabigura.net

担当:永島(ながしま)

※糸のお色は、写真の白(ベージュ)か赤色のどちらかのみになります。
 ご予約いただけるのは10時半からの4名さま分だけです。
 12時~の場合は当日ご来場の際、お声がけください。

お昼過ぎの14時からは、藍染めの麻ひもを使ったブレスレットづくりも行われます。
私も先日長女と二人でワークショップ行ってきたのですが、
とてもかわいらしいものができて大満足でした♪(またその模様もレポしなくちゃですね!)

スマイルウーマンフェスタは、企業さんの参加が多く、
昨年はドレッシングやお化粧品の試供品が配られたりなど、女の人にうれしいイベントだと聞きました。
楽しそうです~~♪
私もいろいろ回ってみようと思っています。


ここのところ、いろいろおしらせが続いていますね。
9月29日(木)の佐藤ホームさんでのこちらのワークショップも、午後の部、まだまだ募集していますよ。

 IMG_4702.jpg

そしてただいま、大森のギャラリー・FIRST LIGHTさんでの「作家Zakka百貨展」、開催中です。
こぎん刺しの藍染めお守りのキットはこちらで販売中です。

夏休みものこり一週間!
2学期への不安もありつつ、9月にシャッとスタート、切れますように。

hitoharico**

 

藍染めのこぎんお守り、つくってみませんか**


台風9号上陸、ということで、私の住む町でもすごい雨です。
どうしてもの買い出しやこどもたちの習い事などあって、二度三度出入りしていたら、
3人してずぶ濡れ。
今も窓ガラスをたたきつけるように雨が降っています。

さてさて、21日から開催中の東京・大田区大森で行われている『作家Zakka百貨展』、

私は hitoharico** みずのよしえ としても参加しているのですが、
行田市の牧禎舎さんの藍染めを使ったこぎん刺しも、牧禎舎さんブースに加えてもらっております。

今まではこぎんの糸を染めてきましたが、
今回はコングレスを染めてみました!

これは8月上旬に牧禎舎さんへコングレスを染めに行った時の写真↓

   IMG_5242.jpg

奥の桟の右側にかかっているのがコングレスです。
ほんとう、ほつれやすいので、糸でかがってから染めます。
(かがっておくのとかがらないのとでは、ほつれの具合がずいぶんかわります。)

甕の中でざぶざぶと、3回から4回くらい染めたのだっけな?
水ですすぐと、さ~~っときれいな藍色に変わるのがたのしいです。

さて、この藍染めのコングレスで何を作ったかというと、
こぎんのお守りのキットです!

  160817_01s.jpg

キットには、お守りの大きさに裁断済みの藍染めの布、
(ひもを通す部分には金色のハトメがすでに打ってありますし、口の部分はアイロンテープですでに処理がしてあります!)、
こぎんを刺すための刺し子糸、
こぎん針(長めのもの)、
そしてすでに叶(かのう)結びをしてある結び紐がセットされています。


  160817_02s.jpg


わかりやすい作り方説明書、牧禎舎さんの永島さんがつくってくださいました。
こんなキット、ちょっと他にはないと思うのですが、どうでしょう♪

入っている布にこぎんを刺して(片面でもいいのです!)、
中表にして両端を縫い、ひっくり返して紐を通せば、やった~!お守りの出来上がりです!!

 IMG_5427.jpg

実がたくさん生(な)るということで縁起の良いひょうたん柄(うしろ)と、
商売繁盛のそろばん玉の図案(手前)と、ふたつから選べます。
今から作ればお正月にも間に合うし、受験生にも渡せます。

ぜひぜひ、気持ちを込めて、願いを込めて、こぎんお守り、作ってみてくださいね。

大田区・大森の『作家zakka百貨展』、牧禎舎さんのところに置いてあります。

 atena.jpg


  160821_02s.jpg

私も会期中に行きたいのですが、
今週は天気を見つつ、この夏初めてのキャンプに行く予定もあって、まだ日にちがしっかり決まりません。

またレポできたらと思っています。

hitoharico** みずのよしえ
  

大森「作家Zakka百貨展」


大森の「作家Zakka百貨展」、いよいよ来週21日から始まります。

 atena.jpg

 
つくりためていた作品を発送しました。

 IMG_5460.jpg

お話をいただいてから、いろいろなアイテムを考えていたけれど、
結局定番のものだけしか作りきることができませんでした。
でも、数も思っていたより揃えられて、満足してます。

くるみボタンのこぎんヘアゴム、こぎんのほうき、
それから ポットマットとojnさんとのコラボ作品・木の台の針刺し。
ショルダーのポシェットも3つほど入れられました。ほっとしてます。

今回は、熊本のチャリティアイテムとして、くるみのチャームを作ってみました。

 IMG_5461.jpg

今度の佐藤ホームさんでのWSで、みんなで一緒につくる胡桃の殻のチャームです。
全額、熊本の被災地に寄付されます。

大森のギャラリー・FIRST LIGHTさんでも、ご紹介いただいております→
ありがとうございます。

私も会期中に行きたいなと思っているのですが、まだ日程がつかめずにいます。
でもほかの作家さん方の作品も個性あふれていてとっても気になっていて(笑)、
今から楽しみ。
このほか、行田市の牧禎舎さんから、
藍染めのこぎん作品もいくつか出品しています。
ちょっとおもしろいもの、つくりましたよ~^∇^

こちらもまた近く、ご紹介させていただきます。

みずのよしえ hitoharico**


最近つくったもの。こぎん額。


夏休み、中盤に入っていますね。
夏休みって、こ~~んなに長かったかなあというくらい、今年は家で過ごすことが多く、、
なんだか間延びした日々を送っているような気がします。
こんな調子で、二学期大丈夫でしょうか・・。

こぎんのほうでは、
21日から始まる大森の『作家Zakka百貨展』に向けてせっせと作品をつくっているのですが、
その合間に自宅用に小さな額をつくって飾ったりしてます。

  IMG_5464.jpg

キッチンの北にある自分用のスぺ―ス。
小さな一角ですが、こぎんのお裁縫箱(右上)や辞書、アイデアメモなど、雑雑といろいろなものが置いてある場所です。
引き出しのついた文箱?は古道具屋さんで買ったもので、
刺しかけのこぎんの入っている引き出しもあれば、
名刺やDMなどが入っている引き出し、
納品直前のものを入れておく引き出し、
文房具の引き出しなど。

自分が一番使う場所なので、そこにこぎんの額を飾ってみました。

  IMG_5467.jpg

この楕円の木枠は、画材屋さんで現品限りで売られていたもの。
少し高かったけれど、レトロな感じがどうしても気になって、買ってきました。

  IMG_4697.jpg

自宅用。
次は、クッションカバーか、大きな額(どちらも堂々の総刺し!)をつくりたいなあと思っています。

hitoharico**

※お知らせ、たまってきてます!
 なぜかなかなかPCに向かう時間がとれないのですが、また更新させていただきますね。



Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム