Entries

妻沼手づくり市


今日はぐっと冷え込んでいますね。
午前中、深谷アリオでのこぎん教室でしたので、
ねこちゃんはお留守番でした。
家を出る前に毛布をところどころにわざともぐりこめるようにして置いておいてあげましたが、
帰ってきたらこたつ(ついていないけど、)のお布団のふちに、
これでもか!というくらいまんまるくなっていました。

寒いですよね(笑)

今日、午前中のこぎん教室も、とても楽しかったです。
以前よりリラックスした雰囲気で、生徒さんともたくさんお話ができたような気がします。
ほんとうでしたら来月の3回目で講座は終了になるのですが、
「ぜひ教室続けてください。もっといろいろつくってみたい。」
とみなさんに言っていただいたので、
まだまだ講座は続きそうです。

私もみなさんのお手伝いをするのが楽しいし、
作品をつくりながらのみなさんの反応がとてもうれしく、いい刺激をいただいております。
小さくても細くても、カルチャースクールの教室も前向きに続けて行けたらと思っています。
またご連絡いたします。

さて本題。

先週の日曜日、子どもたちふたりと、妻沼の手づくり市に行ってきました。

  DSC_0424.jpg

今日とは大違いの、半袖でも大丈夫なくらいポカポカ陽気の一日でした。
(前の日はホッカイロが必要なくらい寒かったとか。10月ってこわいですね^^;)
私よりも、子どもたちふたりが「行きたい」きもちが強くて、
いつからこんなに手づくり市好きになったんだろう、というくらい、ふたりしてお財布もって、
「買う」気満々なのでした(笑)

小学生のおこづかい
(まだ低学年なのでおこづかいってほんとうにあげていなくて、おてつだいを10回したら線引いて、
それがたまったらやっと100円、というレベルのお財布です)でも、
それでも楽しく選んで買えるものもあったりで、
子どもたちとあれもかわいいこれもかわいい、あれも食べたいこれも食べたい、と
わちゃわちゃと楽しく過ごして帰ってきました。

  DSC_0419.jpg

↑こちらはいつもお世話になっている牧禎舎さんのブース。
テントはりゅうのひげ(ぬいたい)さんの旦那さんの手づくりだとか!!!
どこよりもスタイリッシュで、素敵なたたずまいでしたよ。
(それなのに肝心のテントの写真がきれているっ。ごめんなさい。
 白くて素敵なテントなのです。私も白いテントがいいなあ。)

私のこぎん刺しも買いに足を延ばしてくださった方がいらっしゃったとかで、
ほんとうにありがとうございます。
こぎんのお守りキットはこの日ですべて完売だそうです。
また永島さんと考えていますので、お楽しみにしてくださいね♪

   DSC_0425.jpg

妻沼の聖天さまは縁結びの神様だそうで、
毎年、「ひもをここに結んでください」、の場所があります。
去年はリボン結びができなかった下の子も、ことしは何とか結ぶことができました。
成長ですね**

子どもたちと3人で歩いたの、とても楽しかったです。
ちょうどこの日の数日後にあの!harutsumiさんにお会いしてお昼をご一緒したのですが、
そのとき、「子どもたちと過ごせる日曜日も、あっという間に終わってしまう」とお聞きしました。
子どもたちのほうが忙しくなるんでしょうね。
私は、毎日曜日こどもと過ごすより、
一人の時間が好きなタイプだと自分では思っていたけれど、
今回手づくり市を子どもたちと歩いてみて、すごく楽しかったし、
楽しそうにしている二人を見ているのもすごく幸せに感じたので、
こういう時間、
だいじにしよう、とおもいました。
なんだかすこしだけ、こんな私でも切ないです。

 DSC_0429.jpg

ということで、先週の日曜日は、
出店で買ったサータアンダーギーや焼き菓子やお団子などを食べながら、
境内の中と外をあっちへこっちへと歩き回った日曜日でした。
すぐにレポートしようと思っていたのにもう金曜日!
一週間て、はやいです(汗)

hitoharico**
スポンサーサイト

明日は深谷アリオのこぎん教室


明日は月に一度の深谷アリオでのこぎん教室です。

前回希望をお聞きした通り、準備しました!

 **IMG_5713

前と同じ額をいくつか作りたい、という方のためには、
どうせならば前回とはちがう図案でさせたほうがいいかな、と、
いくつかあたらしい図案も用意しました。

写真に写っている1枚目と2枚目のこまかな図案は、
思いっきり総刺ししたものを大きな額に入れて飾りたい!といういお二方のために、
それぞれ違う図案でご用意しました。

おふたりともこぎん刺しは初めてということでしたが、
糸運びもとてもきれいでしたし、なによりやってみたい、というお気持ちを感じましたので、
私も容赦なく、びっしりとしたもの、用意しちゃいましたよ(笑)

でも、少しずつ刺せばよいのですし、
真ん中から刺していくので、途中で終わりにしても格好がつくのが総刺しのいいところ?です。

明日のみなさんの反応が楽しみです^∇^


hitoharico**


浅草 こぎん展


ひとつのことが終わるとなぜかまた次のこと、
というように、
なんだかバタバタと忙しくしています。
容量が少ないせいもあるし、
急にどっと入ってくる、というのもあるし。

目の前のことをひとつひとつ。もうそれだけです。

そのいろいろのひとつで、
先日都内でこぎん刺し関係の打ち合わせがあり、
せっかくならば、とそれを浅草にしてもらい、その方と、浅草アミューズミュージアムでやっている
『こぎんワールド~津軽こぎん刺し×デザインの研究』 という展示に行ってきました。

やっぱり古作のこぎんは圧巻です。

 DSC_0413.jpg

糸目、まるでレースのようです。

 DSC_0412.jpg

デザインされた現代のこぎんもかわいくて素敵でどれもほしくなっちゃうのだけれど、
古作にはかなわない。

 DSC_0417.jpg

紺地に刺した白糸のきれいさ。
雪のひとひらのようで、やっぱりこれがこぎん刺しの魅力だと、
いつ見ても、何度見ても、毎度思い知らされます。
古作を見ると、みんなそう感じますよね。

これが今の家や生活のスタイルにぴったり来ないから歯がゆいのです。
ぴったりとくるように、今はこぎんが「伝承」されていっている最中なのかな。
かわいいこぎんやスタイリッシュなこぎん。
もちろん私もそれを目指してる。
こぎんが廃れてしまうよりは、
こういう糸の運びや家の中の手仕事というのが未来につながっていくことはいいことなのだと。

そもそも、古作のこぎんと今のこぎんを、
くらべたり、ならべたり、というのがちがうのかもしれないし。


浅草はすごい人混みで、
これだけ見て帰ってきました。
人混みはほんとうに苦手です。

red works**


11月4日(金)、鴻巣・佐藤ホームさん主催のwaiwai手づくり市に出店します。

  スライド6

楽しみにしている作家さんがいっぱい。
ご一緒できることがうれしくて、今、ほかのことは棚にあげ(笑)せっせと作品作っています。

ホウキやヘアゴムなど定番のものもそろえていますが、
先日まではこんなのをちまちま刺していました。

 red works

これ、な~~んだッ!
ぜんぶ、マタルボンの321番。私の大好きな赤糸です。
図案を見てピンときた方、いらっしゃるのでは♪

 IMG_5700.jpg

ぜんぶ、くるみのチャームになりました。
まだハロウィンも終わっていませんが^^;
時期的に、クリスマスっぽいものも並べてみたくなり、すべて赤糸で、作ってみました。
ナチュラルにしたいのとコスト削減で、
革ひもから麻ひもに変えています。
もちろんそのままお値段にも反映しますよ。
ツリーにぶらさげたり、壁にひとつ飾ったり、トイレの棚にころんと転がしておくのだっていいかも。
ちょとだけ、お部屋の中がクリスマス「らしく」なります**


      IMG_5708.jpg


昨日も明日もなぜか暑くなるそうで、まだまだクリスマスには遠いですけど、
今から少しずつ考えていくのが楽しいんですよね**

hitoharico**

horieeeさんのビジューブローチWS!


先日、お友だちと一緒に、吉見町のWOOLYさんへ、秋のワークショップに行ってきました。
horieeeさんの天然石のブローチ・またはイヤーカフがつくれるWS。

天然石はこの中からすきなもの!選べるのって楽しいです。

   DSC_0393.jpg

なにかボンドのようなもので乗せていくのかと思いきや、
ひとつひとつの石を糸に通して縫いつけていくという作業。
おもっていたよりむずかしく、しかもなんとも不器用で、
グループの中で一番遅く仕上がりました。
お待たせしてしまったみなさん、すみません~。

  DSC_0394.jpg

でもほら。天然石の魅力たっぷり。どれも素敵!
きらきらひかって、ゼラチンのお菓子みたいな。
まわりの小さな白い石をつけていくのに苦労して、私って・・と凹みもしましたが(笑)
でもできあがってとってもうれしかったです。


WOOLYさんのWSは、いつもお昼つき。それも楽しみのひとつです。
今回はMAYUさんのお弁当。
これがまた~感激のお弁当でした。

  DSC_0397.jpg

私がWSをさせていただいた時とはまたちがって、今回はビジューのWSだから、と、カラフルなお弁当!

  DSC_0399.jpg

シイタケのスパイス煮、紫芋、レンコン、さといも、ゴボウのバルサミコ炒め!
柿もとろりとして、どれもとってもおいしかったです。。
こんな、ひとつひとつ味に変化があっておいしくってはじめての味なのになつかしい感じ。
こんなお弁当、食べたことない。毎度毎度、感動します。
二度と同じお弁当は食べられない、というのがすごいです。
下のご飯も青菜のご飯!青菜のご飯ってじつは大好物です(笑)ごちそうさまでした。


わたしにとって怒涛のような10月中旬が過ぎ、
月の後半はゆっくり制作、ゆっくり家時間、をすごしたいと思っています。
すきま時間をみつけてせっせとつくったものもありますよ。
また紹介させていただきます♪

hitoharico**






 

藍染めボタン**


牧禎舎染めの藍染めボタン、できました。
今回はつたないながらも、ながしまさんにお聞きしながら自分で染めた糸。愛着もひとしおです。

   IMG_5694.jpg

ヘアゴムにして、今週末、牧禎舎さんに納品してきます。

ちなみに牧禎舎さん、お隣の工房「りゅうのひげ」さんと一緒に、妻沼の手づくり市に参加されるそうです。
 
     161002tedukuriichi_18ths.jpg


今月の土日ですね。
詳しくはこちらを→
私の藍染めヘアゴムや藍染めブローチ、こぎんのお守りキットも並べてくださるそうです。
藍染めのブース、きっとにぎやかな場所でも目立つだろうなあ(笑)目に浮かびます。
遊びに行かれる方、ぜひぜひチェックしてくださいね♪

※牧禎舎さんのこぎん小物は、色柄ご指定いただければお取り置きもできます。
 ご利用ください。

hitoharico** みずの よしえ

WOOLYさんへ、ピンクッション


吉見町でワークと毛糸のお店をされているWOOLYさんへ、
こぎんのピンクッションを納品しました。

外国のお庭にあるほっこり温かい手づくりの小屋みたいなWOOLYさんなので、
そんな風なピンクッションを。

 IMG_5599.jpg

こちらは小さなサイズ。
青いものは実験で、クロスステッチの図案をいじくって刺してみました。
(だから厳密にはこぎん刺しではないですね。)

   IMG_5668.jpg

こちらは梅の花を応用したものを右に大きく、左にはこぎんの伝統図案を刺してみました。
ぱっと華やかなお花が目につきます。

  IMG_5671.jpg

サイズは先ほどのものより少し大きくなっています。


WOOLYさん、14日から「冬じたく展」が始まるそうです。
またまたかわいいものた~~~~くさん、並びますね。楽しみです。

11月には佐藤ホームさんのwaiwai手づくり市や吉見町のさにべるさんのイベントにも出られるそうですよ。
私もこの2つ、参加します!


せっせと作品作り、がんばっています!

hitoharico**

いづのかじさん 個展


こぎん刺しをしているかたわら、
児童書の作家としての活動も、しています。

10月18日には、「ねこの風つくり工場」第2弾
 『工場見学のお客さま』が発売予定です。

 IMG_5565.jpg

昨日はこの私の本に絵を描いてくださっているいづのかじさんの個展に行ってきました。

 IMG_5676.jpg

西荻窪の町、とてもたのしかったです。
あいかわらずがしゃがしゃと大興奮ないろいろを小窓通信のほうにかきました→

こぎん刺しも、新しい作品のアップがここのところ少なかったのですが、
すこしずつ、ここでも紹介できそうです。
今は藍染め糸のボタン、
それから来月のwaiwai手づくり市へ向けての作品作りにもとりかかろうというところです。

時間があれば、新作も考えています!
私も楽しみです。

   スライド6


※児童書のほうのお仕事もあり、屋号を「hitharico みずのよしえ」と表記させていただいております。
  

深谷アリオ・カルチャースクール~こぎん刺し教室


9月30日、深谷アリオ・カルチャースクールで、こぎん刺し教室をおこないました。
はじめてのことでドッ緊張でしたが、
なんとかみなさんとスタートをきった次第です!

まずはこぎん刺しって何?というおはなしと、
そのあとは簡単にこぎん刺しの手法でできあがる額づくりをしました。

つくったのは私の家にもあるこちらの額。

 IMG_4697.jpg

↑木の実の模様か、

 IMG_5464.jpg

↑こちら右側のウロコ模様。

コングレスは緑、茶、紺色を用意して、まずはよりの強い刺し子糸で刺していただきました。


 IMG_5660.jpg

教室はこんなふうに机を寄せ合ったところで。

みなさんとてもとてもとても器用で、
最初に糸目の数え方をお教えしたら、あとは糸の引き方などと~~ってもきれい!
熱心に糸目を数えて、教室がしいんと静かになる瞬間
(こういうの、うちの地方では「妖精が通った」とかいいますけど、みなさんのところではどうでしょうか、よく学校の教室にいるときありましたよね^∇^)
そんな瞬間が何回もありました。

  IMG_5662.jpg


みなさんこぎん刺しははじめてということでしたが、
教室にいる間にひと作品出来あがるのはいいわね、とおっしゃっていただけたり、
同じものをお友だちに渡すのにつくりたい、といってくださったりで、
こぎん刺し楽しい、と思っていただけた、「かもしれない」、のがうれしかったです(笑)


深谷アリオのカルチャースクールのとなりは大すきな「無印良品」なので、
帰りにお買い物をして帰れるのもうれしい(笑)←って、これは余談すぎますね^^;

次の教室は一か月後の10月末です。
それぞれご希望をお伺いしているので、
それぞれのものをお持ちいたします。
胡桃の殻のチャームをいくつも作りたいという方や、
同じ額を作りたいという方、
宿題になってもいいから、もっと大きな額を藍染め糸で刺してみたいという方もいらっしゃいます!
次回はみなさんの作品をここで紹介できたらな♪

お楽しみに~♪

(講座は途中からでも入れるそうですよ!気になる方は是非ご一緒に☆)

みずのよしえ hitoharico**