Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藍染め糸でくるみボタン**


DSC_0772.jpg

埼玉県行田市の藍染め工房・牧禎舎さんで染めた藍染め糸で、くるみぼたんをつくりました。

そういえば私、ひと目を刺すのがすきなんだ、と改めて思って、
ひと目を生かして刺した新しい図案も。
思いがけず、気に入っています。

手が空いたらゴムとウッドビーズを通してヘアゴムにします。
(「牧禎舎」さんと「足袋蔵ミュージアム」に置いていただく予定です♪)


hitoharicoのinstagram はじめました→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→





スポンサーサイト

アーツ&クラフツ、そしてこぎん・鴻巣教室**



○先日2月18日の埼玉県行田市牧禎舎で行われたアーツ&クラフツでは、
たいへんお世話になりました。
たくさんこぎんのお話をさせていただいて、
とても充実した一日でした。



キットも、どうかなあと思いながら並べていたのですが、
一度こぎんをやってみたい、あるいは、市販のこぎんキットでやってみたことがありますよ、という方もたくさんいらして、
お話うかがうのも楽しかったです。

帰りはバタバタと閉じてしまいましたし、
今回は2階ということで、あまりほかの出展者さんたちの作品を見られなかったのが心残り。。
でも、とっても楽しかったです♪
勉強になったこともあいかわらずたくさん。
ひとつひとつ消化していきながら、これからもゆっくりこぎん刺しを楽しんでいきたいです**

○アーツ&クラフツの2日後には、
ウニクスカルチャーセンター鴻巣店でのこぎん教室がありました。
受講日1回目は子どものことで急にお休みさせていただいたのですが、
今回は無事、開くことができました。
3名様からのスタートです!
そのうち2名様は行田市天満にあったハルツミさんのときのおきゃくさま!!
(地元のカフェや雑貨店をたくさん知っていらっしゃって、たくさん素敵なお店を教えていただきました♪
訪れるのが楽しみです~。毎回情報を拝聴できるかと思うとわくわく!笑)

私のこぎん刺しもたくさんお持ちくださっていて、感激なのと緊張なのとうれしいのと(笑)

そんななかでのリラックスした楽しいこぎん教室でした。
深谷教室同様、最初はちいさな額をつくりました。

 IMG_6051.jpg

この中からおすきな布地と図案、糸もたくさんの色の中から選べます。
右から二つ目の赤地の図案は2時間で仕上げるのは少し難しいかもしれませんが、
そのほかの図案は、みなさん2時間の受講時間内に仕上げることができています。
やっぱり伝統図案は人気です。

kounosu.jpg

一度ワークショップを体験してくださった方や、すでにほかのこぎんキットでこぎんを楽しんでいらっしゃる方でしたが、
やっぱり、その方その方で作りたいものも興味がある部分もちがうと思うので、
なるべくなるべく、ご希望に沿いたいなと思っています。
(深谷教室も同様です。)

次回はみなさんそれぞれチャレンジする作品がちがいます。
お守り袋にチャレンジしてくださる方もいらっしゃるので、楽しみです♪
またアップしますね!

目まぐるしいくらい、たくさんのご縁とたくさんの出会いがあって、
それはこぎん刺しをやっていたからこそ出会えた縁で、つくづくありがたく感じています。
大切にしないといけないですね~。

まずはお母さん業と両立しつつ。

hitoharicoのinstagram はじめました→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→


たらりたらりとつづれるこの場所も気に入っています。
ときどきになりますが、忘れず更新します。よろしくお願いいたします。

hitoharico**

佐藤ホームさん こぎん刺しWS


先日、鴻巣・佐藤ホームさんでこぎん刺しのワークショップをおこないました。

  

それぞれ図案と糸色を選んで、刺していきます。
スタートがゆっくりだったこともあり、後半はちょっとおなかもすいてしまいましたが(笑)、
みなさん、進んだり、戻ったりとしながら、わいわいとにぎやかに作っていただきました。

 20170216075132.jpg

間に別糸を入れてみたり、
ひと針ひと針刺してみたり。
WSって同じものをご用意しても、ふしぎと個性が出て楽しいものです。

20170216074805.jpg

食後はいつものランチを~♪
このひき肉とバジルのガパオライスをなんとまだ私は食べたことがないので!!(いつも大人気)
いつか食べてみたいです♪

佐藤ホームさん、one day おうちカフェのときにはランチだけでもご利用できます。
外は北風びゅうびゅうだったのに、家の中は暖房要らずで嘘みたいに快適でした。ぜひぜひ~。

hitoharico**

藍染めのこぎんお守り


今週土曜日、埼玉県行田市で行われるアーツ&クラフツに向けて、
牧禎舎の手染め藍染めのお守りキットをつくりました。

夏から販売しているもので、在庫がなくなってしまったので、追加です。

 IMG_5427.jpg

藍染めの布はもちろん、
針、糸、つくりかたと図案、そして二重叶結びにしてある結び紐がセットになっています。

手づくりのお守り、大切な気持ちを込めて、ていねいにつくったら素敵だなあと思います。

気になる方は、牧禎舎・藍染め工房にお声がけ下さいね。

hitoharico**

hitoharicoのinstagram はじめました→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→

くるみのチャームのキット**


以前、鴻巣の佐藤ホームさんでくるみのチャームをつくるワークショップをしたとき、
どうしても用事があって参加できなかった方から、
キットだけでも送ってほしい、というお声をいただきました。
それで、非常に素人作成なのですが、なんとかキットらしきものをつくって、その方にお送りしました。
昨年の秋ごろだったでしょうか。

その後何名かにも同じ要望をいただいて送ったところ、喜んでいただけたので、
今度のアーツ&クラフツのときにも並べてみようかと、いくつか用意してみました。

 IMG_6005.jpg

布の色はほかにも赤や生成りなどいろいろあります。つきやさんの麻布です。
針と糸もセットに入っています。
図案は6種類用意しました。お好きな図案を選んで刺せますよ♪ 

すこしだけですが、机のはじっこにがさっと置いておきますね^∇^


ちなみに、鴻巣・佐藤ホームさんでのワークショップ、次回は2月14日に予定しています。

  IMG_6001.jpg

こちらのキーホルダーを作ります♪
詳細はこちらです→

こぎん刺しを簡単に楽しみたい方に、おすすめです**


hitoharico**

こぎん刺しの印鑑ケース


久しぶりに、こぎん刺しの印鑑ケースを作ってみました。
教室で、次は印鑑ケースを作ってみたいという方がいらっしゃったので、
復習もかねて。

 IMG_6093.jpg

手前の小さいサイズのものは印鑑が1本入ります。私の定番サイズ。
昔からつくってきたものです。
奥の大きめのものは印鑑が2本入って、朱肉がケースの中に貼りつけてあるタイプ。(ふたあり)

教室で作っていただくとなると、奥の大きいサイズのものかな。
手前はこぎん部分が細かくて、刺すのにちょっと根気が要ります!

instagram はじめました→
こちらでも時々つづってます→  (あれから毎日のようにメジロがやってきますよ~♪)



hitoharico**

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。