Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C415] cerisierさんへ**

行田、もどかしい、はがゆい、くらい(笑)ゆるいです。
いつも何かのイベントに顔を出すたび思ってたけど、
「きっとこれ、そういうことだよね」って、
友人と確信しあいました(笑)
でも、そのペースだからついていけているのかもしれないね。
私も都会的な感じは本当に苦手なので、
青森とか♪肌に合ったらうれしい*^∇^*


  • 2014-05-23 09:18
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C413]

素敵だね~行田市♪
ゆる~い感じで必死さがないのって、私は大好きです。そういう良さは絶対都会にはないので。こちらはどこに行っても疲れてしまうので、青森に帰りたくなっちゃうもの。
行田市はhitohariさんと出会わなかったら多分ずっと縁もなかっただろうけど、
hitohariさんのブログのおかげで、なんだかなじみの場所に感じちゃいます(笑)

[C412] みちーさま**

こちらこそ、ありがとうございました!
イベント、家族でファンで、今年もとっても楽しく参加させていただきました。
当日だけでなくじゅんびもろもろ、
スタッフの皆様大変だったと思います。
ありがとうございます。そしておつかれさまでした。

そして、足袋とくらしのの博物館で、みっちーさまがいらしたの、私、拝見しました!
アーツ&クラフツのとき、2日目に朝一番でいらしてくださった方ですよね。
ほんとうにありがとうございました。
お顔を私のほうは覚えていて、先日も声をかけたかったのですが、
もじもじしてしまって、声をかけられず出てきてしまいました。
そのあと道端をあるかれているご様子も拝見したのですが・・・(> <)
お声をかけさせていただけばよかったです。腰抜けで、すみません。

今度、足袋を作りにお邪魔させていただきたいと思っています!
券もいただきましたし♪
リバティの足袋も素敵でしたよね。
どんな布で作ろうか考え中です。楽しみです。

そのときにはぜひみっちーさまにお会いできたらと思います。

コメントまで寄せていただきまして、ありがとうございました。



  • 2014-05-21 16:56
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C411] ありがとうございました。

素敵なブログですね。
足袋蔵ネットワークで今年初めて「まちあるき」のイベントのスタッフとして参加しました。ご参加ありがとうございました。足袋の博物館の当番でした。アーツ&クラフトでも、お買い物(ミニほうき)させていただきました。今後もよろしくお願いしたします。
写真がとても素敵です。さすがですね。

[C410] tomodaさま**

こんにちは。
行田は足袋の町なんです。
小学校のとき習いましたが、
そのときはもう廃れた産業、というイメージで・・(笑)
時を経て、最近はそのときの蔵がパン屋さんになったり蕎麦屋さんになったり・・
いろいろリサイクルされています!

そしてそして。
ピィチクは絵がすきなのですが、どうも実らなくって(笑)
でも楽しんで描いてます^∇^
  • 2014-05-19 11:36
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C409]

行田の町におじゃましたようなブログでとってもなごみました!自分の足袋をよくよく見たら(ガクヤ株式会社ののびる足袋)行田で作られていました~上のお嬢様のくだり、ほほえましくて、思わず笑っちゃいました。なんて可愛い。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/113-6026368e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蔵めぐり~行田*まちあるき


昨日は、私の住む町行田市で行われている「蔵めぐり まちあるき」
というイベントに参加してきました。

今日はその記録日記です。

このイベント、今年で10年目だそうです。

  ポスター

市民でも知らない人が多いこのイベント(笑)
着物を着ていくと、ボンネットバスの乗車券200円が無料になり、
町中にある昔からの蔵をめぐると(スタンプラリーになっています)、
十万石饅頭(行田市の銘菓。十万石でいばっております^^)をもらえたり、
こどもには消しゴムやボールペンがもらえたりします。

  f9b9e59be43b1ce5e10c633730d4f4b210833150_88_2_9_2.jpg

行田は昔足袋で栄えた時期があり、
残っている蔵はその足袋蔵です。
市内にたくさん残っていて、このイベントの時には普段しまっている蔵も開放され、ギャラリーになります。

受付はここ。
りそな銀行横、足袋蔵まちづくりミュージアムから。

  蔵めぐりスタート

今年は着物姿の方が昨年よりもぐっと多くて、華やかでした。
着物初心者の私には、いろいろな着物を見ることができて楽しいイベント♪
もちろん私も、例のミント色の木綿とざくざくした名古屋帯で、参加しました**

長女ピィチクはこのイベントが大好きで、
昨年参加して以来、「来年」のこの日を楽しみにしてました。
今年はうちの子ふたりと、初参加のパパ、そしてお友達家族(ママと少年2人♪)と楽しく参加してきました。

いろいろな蔵があります。


保泉蔵

これは保泉蔵。

うなぎみたいに長~い蔵です。
遠くで日傘をさしているのがお友だち(ちっさ!!)
素敵な藍色の着物を着ていて、何人もの方に声をかけられていました^^

とちゅう、神社があったり、レトロな昭和のガラス食器を100円で!蔵出していたり。

  八幡神社

↑七五三やお正月、家を建てるときにもお世話になった八幡さん。戌の神社です。
目の神様や水の神様なんかもいます。

  小川源衛門蔵

↑小川源衛門蔵です。
大型の石蔵で、昔からよく写真を撮っている方がいたような。
着物だったので、それだけで、レトロなガラス食器をひとつもらいました。うれしすぎっっ!

今年のボンネットバスは青色。

 ボンネットバス 2014

市内をちょこちょこ回っていた昨年とちがって、今年は大通りを走っていました。
ほとんどの方がこのイベントを知らないので(このポスター自体、町中で見たことがない^^;)、
みんな不思議そうに見てました。

  c06c8216516cfa935bc3d5ec652f361fd02452b9_88_2_9_2.jpg

翠玉堂のパン。
かたくて、ちょっと不思議なパンだけど、噛むとぎゅっと粉の味がするパン。

  a3bf375212342e49584d810ce29c6d6e974c3798_88_2_9_2.jpg

↑こちらは足袋とくらしの博物館。


  db8031251ea1abf11693a096b80848f94cb5109d_88_2_9_2.jpg

今でもレトロなミシンで足袋をつくっています。
生地を持ち込んで、自分だけのオーダーメイド足袋を作ってもらうこともできます。
ほんと、今度作ってみよう♪

お昼を食べて、ひとしきり子供たちが遊んだあと、友人家族とはわかれたのですが、
そのあとも我が家はスタンプラリーを続行。

 足袋蔵ギャラリー「門」

↑足袋蔵ギャラリー「門」です。
パン屋さんの2階で、稲月ちほさんという行田出身の(同世代!)イラストレーターさんに出会いました。

  稲月ちほさんの絵

↑稲月ちほさんの絵です。ぜんぶ色鉛筆だけでかかれています。
 
  稲月ちほさんの絵2

おいしそう(笑)
長女ピィチクがその場を離れないほど気に入ってしまって、
長居していたら、ちょうどご本人が来てくださったので、
いろいろお話を聞いたりしつつ、著作も一冊買ってきました。
サインもしていただきました。ありがとうございます♪

  
1日10分で絵はがきがうまく描ける色鉛筆ドリル (講談社の実用BOOK)1日10分で絵はがきがうまく描ける色鉛筆ドリル (講談社の実用BOOK)
(2010/03/19)
稲月 ちほ

商品詳細を見る


家に帰ってきてから、さっそくイチゴだのスイカだの描いてましたが、
現実というものを知ったようです(笑)

でも、稲月ちほさんとお話できたことは、とてもうれしかったのと、力をもらえた出来事でした。
3月の古民家イベント、アーツ&クラフツに、私がこぎん刺しで参加していたこともご存知でいてくださって、
いろいろなことをお話できて心がぽっと温かくなりました。

もうすこしこうだったらいいのにな~とか、市民ゆえ、思うこともたくさんあるのだけれど(笑)、
この、ちょこっと準備の足らない感じとか、
宣伝のない感じ、ゆる~~~~い感じが行田です(笑)なんか最近、確信してきた!

ということで、今年の「蔵めぐり まちあるき」でした。

長々と、スミマセン。

  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。  hitoharico**

スポンサーサイト

コメント

[C415] cerisierさんへ**

行田、もどかしい、はがゆい、くらい(笑)ゆるいです。
いつも何かのイベントに顔を出すたび思ってたけど、
「きっとこれ、そういうことだよね」って、
友人と確信しあいました(笑)
でも、そのペースだからついていけているのかもしれないね。
私も都会的な感じは本当に苦手なので、
青森とか♪肌に合ったらうれしい*^∇^*


  • 2014-05-23 09:18
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C413]

素敵だね~行田市♪
ゆる~い感じで必死さがないのって、私は大好きです。そういう良さは絶対都会にはないので。こちらはどこに行っても疲れてしまうので、青森に帰りたくなっちゃうもの。
行田市はhitohariさんと出会わなかったら多分ずっと縁もなかっただろうけど、
hitohariさんのブログのおかげで、なんだかなじみの場所に感じちゃいます(笑)

[C412] みちーさま**

こちらこそ、ありがとうございました!
イベント、家族でファンで、今年もとっても楽しく参加させていただきました。
当日だけでなくじゅんびもろもろ、
スタッフの皆様大変だったと思います。
ありがとうございます。そしておつかれさまでした。

そして、足袋とくらしのの博物館で、みっちーさまがいらしたの、私、拝見しました!
アーツ&クラフツのとき、2日目に朝一番でいらしてくださった方ですよね。
ほんとうにありがとうございました。
お顔を私のほうは覚えていて、先日も声をかけたかったのですが、
もじもじしてしまって、声をかけられず出てきてしまいました。
そのあと道端をあるかれているご様子も拝見したのですが・・・(> <)
お声をかけさせていただけばよかったです。腰抜けで、すみません。

今度、足袋を作りにお邪魔させていただきたいと思っています!
券もいただきましたし♪
リバティの足袋も素敵でしたよね。
どんな布で作ろうか考え中です。楽しみです。

そのときにはぜひみっちーさまにお会いできたらと思います。

コメントまで寄せていただきまして、ありがとうございました。



  • 2014-05-21 16:56
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C411] ありがとうございました。

素敵なブログですね。
足袋蔵ネットワークで今年初めて「まちあるき」のイベントのスタッフとして参加しました。ご参加ありがとうございました。足袋の博物館の当番でした。アーツ&クラフトでも、お買い物(ミニほうき)させていただきました。今後もよろしくお願いしたします。
写真がとても素敵です。さすがですね。

[C410] tomodaさま**

こんにちは。
行田は足袋の町なんです。
小学校のとき習いましたが、
そのときはもう廃れた産業、というイメージで・・(笑)
時を経て、最近はそのときの蔵がパン屋さんになったり蕎麦屋さんになったり・・
いろいろリサイクルされています!

そしてそして。
ピィチクは絵がすきなのですが、どうも実らなくって(笑)
でも楽しんで描いてます^∇^
  • 2014-05-19 11:36
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C409]

行田の町におじゃましたようなブログでとってもなごみました!自分の足袋をよくよく見たら(ガクヤ株式会社ののびる足袋)行田で作られていました~上のお嬢様のくだり、ほほえましくて、思わず笑っちゃいました。なんて可愛い。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/113-6026368e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。