Entries

シナ布の帯にこぎん刺し・2


ここのところ集中して、シナ布の帯にこぎん!刺しています。

シナ布というのは、木の皮をはいで、それを煮たり灰汁をとったりして繊維にし、
それを機織で編んでつくった天然素材の帯です。
東北、山形や新潟など雪深い国の工芸品だということで、
縁あって、そこにこぎんを刺すことになりました。
シナ布を作っているほとんどの方がそういった雪国の高齢者の方たちだそうで、
後継者がすくないなか、とても貴重な布になっているとお聞きしました。

今回はその2本目を刺しています。

自分だったらどんなのがいいかと考えてみたときに、
やっぱり総刺しがいいなと思ったのと、
それから夏帯ということで、、総刺しと言っても息苦しくない、涼しげな感じがいいかなと思い、
こんなの↓ 刺しています。

     シナ布帯 2

真っ白なテコナコ(蝶々)。
大好きな「点々(笑)」を3目あしらってつくったラインが斜め格子になっています。

お太鼓にしたとき、左と下の部分に余白が出る感じになるといいかな~と思い、
写真には写っていないのですが、横部分は刺していません。
余白になっているので、より涼しげになるかなと思っています。

ここまでずいぶん時間がかかっているのですが、
まだまだもうすこし、刺していきます。
天然の材料なのと、手づくりの素朴さがあるゆえに、
ネップらしきものももちろんあるし、目も拾いにくいのですが、
この帯にこぎん。無理がなく、素朴のきわみ、なように思います。
日本が誇るべき、「ニッポンの雰囲気」のひとつじゃないかな。

帯をひろげたときの反応を励みに、がんばって刺しおさめようと思います。


  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。 hitoharico**

スポンサーサイト

コメント

[C428] tomodaさま**

コメント、ありがとうございます♪
帯、素敵ですよね(ッて自分で言っちゃう、笑)
素朴なのがいいなあ、あまりおよそでは見かけないなあって思います。
私は知らなかったのですが、
シナ布って、ご存知の方には今は入手もむずかしくて人気のあるものなのだそうです。
こぎんもいいけれど、この繊維と繊維を繊細に編んだものなんかもあるそうで、
それもいつか拝見してみたいな~と思っています^∇^

お値段が気になるところです(笑)
何にも知らずに刺している私です^^;
  • 2014-06-19 13:48
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C427] す・て・き

いいな~すっかり目が釘付けデス。こんな素敵な帯みたの、久しぶり!!!!!!あんまり見ていたらほしくなってきちゃってので、いかんいかんって(笑)この色合いといいデザインといい、日本的であって、そうして近代的というか。すごいです!!!

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/117-634d4476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム