Entries

『窓ぎわのトットちゃん』


『窓際のトットちゃん』を読みました。

言わずと知れた、黒柳徹子さんの幼少時代のことを書いたお話です。

小学一年生の一学期前に、
あまりにもほかと「変わって」いて、ほかの子の迷惑になりますから・・、ということで、
小学校を退学をさせられてしまったトットちゃん。

そのトットちゃんが、新しく通い始めたトモエ学園のお話です。

窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫)窓ぎわのトットちゃん (講談社 青い鳥文庫)
(1991/06/15)
黒柳 徹子

商品詳細を見る



もう、何回も読んでいる本です。

初めて読んだのは、小学一年生の夏休みでした。
もちろん、漢字なんて読めなかったので、読めない漢字には母に全部ルビをふってもらって、
少しずつ、少しずつ、読んだことを覚えています。

それ以来、なんとなく、夏休みになると読んでいたような記憶があります。
あのころは時間がたっぷりあるときでないと読めない本だったのだと思いますが、
今思うと、だいたいの漢字にはルビがふってあるし、
ひとつひとつの章が短くて、読みやすいです。

小学生のころは、
ただただ、トモエ学園がうらやましくって、
自分が通う学校もこんな学校だったらよかったのに。。。というような視点で読んでいたような。

特別個性的、という私ではなかったけれど、
いや、むしろ個性のない小学生、だったと思うけれど、
だからこそなおさら、トモエ学園の小林校長先生に出会っていたら、
どうだったのかな~なんて・・・、
ちょっと想像して、小林先生に頼ってみたり(笑)


そして今回しばらくぶりに読んでみて、
この、トモエ学園や小林先生ののすばらしさ以外に、たくさんのことを感じました。

なんていっても、トットちゃんのかわいらしさ、
小学一年生の女の子って、こんなに頭の中でいろんなことかんがえてるんだな~って、
ほほえましくってかわいかった。

それと、トットちゃんのママ!!
なんて素敵なんだろう。
トットちゃんに言いたいことをぐっと一度こらえたり、
最後まで言わないであげたり、
大事なことをきちんと教えてくれたトットちゃんのママの言動は、
日々、小学一年生の母親をしている私としては、頭が下がると言うか、、。
素敵。

こんなお母さんに育てられ、
小林先生みたいな人に出会えて、トットちゃんは幸せものです。

でも今!

自分こそが、こどもたちにその幸せを与えられる位置にいると思うと、
私も、姉妹それぞれ、その子の個性を尊重した育て方をしてあげたい、とか、
個性をつぶすようなことはしたくない、とか、
・・だったらどうしたらいいかな、って、今回は今までとちがう角度から、思うことがたくさんでした。
ちょうど夏休みで、毎日こどもと接している、っていうのもあるのかな。


ピィチクは、
学校ではたぶんおとなしく、私が言うのはおかしいけど、たぶん、なんでも一生懸命やって、
それなりに先生に褒められている子なんだと思う。
でも彼女がすきなのはお絵かきと空想だって、わたし、なんとなく気づいてる。
気づいているけど、
お絵かきをする前に、まずは「宿題したら~?」、って言ったりしてる。無意識に。

トモエ学園の小林先生なら、どうするかなあ。

せっかくこの本を読んだから、生かしていきたいな、って思った。
学校の先生に褒められたり、賞状をもらったり、評価をもらったり・・・
そういうことで得る自信よりも、
もっともっと大きな手ごたえを、ピィチクが感じられるように。

子供ってほんとうに、感受性のかたまり。
私もちいさいとき、ちいさな体でいろ~~んなこと、感じていたよ。
トットちゃんを読んで、あのころことを、急に鮮明に思い出したりもしました。


さて夏休み。

本当にこどもとの毎日です。

昨日は夏休みの週末にだけ開いている、夜の動物園、ナイトズー☆ に行って来ました。

ムササビやマヌルネコなど、昼間はいつ行っても寝てばかりいる動物たちがめちゃくちゃ元気(笑)

コアラやナマケモノ、ありくいも元気で、
コアラなんて、ユーカリの木を三段跳びしてました(驚)
ナマケモノも、縄をのんびりのんびりつたって、愛嬌ある顔もかわいかった。

夏の夜の風がやさしく、
夜に浮かぶキリンのシルエットはかっこよく・・・。

夏の動物園は夜がいいですね^∇^


今日は親子教室の石鹸作りをしてきます。
家族で海に行く計画も立てたので、こどもたちにはやしたてられ(苦笑)
20数年ぶりに!!自分の水着も買いました。(ショートパンツのね、)

夏休み、いっぱい遊ぼう^^;


スポンサーサイト

コメント

[C75] hanaくまさんへ**

トットちゃん、トモエ学園に出会っていなかったら、
もっと自分に自信のない子になっていたと思う、って書いてあったけど・・・、
でもでも、
黒柳徹子さんのご活躍ぶりを見ていると、
きっとトットちゃんはトモエ学園じゃなくても自分らしさを見つけて、
今みたいに生きていけたのでは、なんて思っちゃう(笑)

結局は本人の力なのかなあ、どうなのかなあ。

答えが出ないところではあるけど、
でも、トットちゃんにかけがえのない思い出や強烈な言葉を残してくれたのはトモエ学園だよね。
うらやましいお話^∇^

hanaくまさんはちゃんとお子さんに軌道を見つけてあげて、
あんなに輝いて、青春させてあげられてるもの!
遅かったもなにもないよ~~っ。
私はこれからだね、きっといろいろ相談するね(笑)


  • 2013-08-06 11:15
  • お返事~hanaくまさんへ**
  • URL
  • 編集

[C74] いいですねぇ

トットちゃん、私も高学年の頃に読んだかなぁー
考えたら、我が家には特別個性的な子がいたっけ(笑)
トモエ学園の事、もっと参考にしていたらまた接し方が違ったかしら…
なんて、もう遅いかな(笑)
実家の本棚にまだあったなぁ、もう一度読んでみよ♪

海に行かれるのね
真夏の海は苦手なので、すこーし涼しくなったら海をみに行きたいな♪
レポ 楽しみにしてます♪
  • 2013-08-05 10:02
  • hanaくま
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/13-4e630e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)