Entries

読書記録**


夏休み、
子どもたちとの時間のすきを見つけてブログ更新をする、というのがなかなかできなくて、
すっかり更新に間が出来てしまいました。

今日は近況と読書記録です。

こどもたちが順番に夏風邪にかかったり、
それが最後には私に降りかかってきたり、
お友達に桃をお土産にもらったり、
近所の産婦人科でやっている、アロマの工作教室、というのに出かけたり・・・、。

近場でパタパタやってます^^;

中でも一番うれしかったのが、中学校のときの同級生5人とランチに出かけたこと!!
あ~今思い出してもにやにやと思い出し笑いしてしまいます^∇^ たくさん笑って、楽しかった**

子供同士が同じ小学校だったり同じ幼稚園だったりで、わりといつでも会える友人2人のほかに、
地元にはいるものの、子育て&お仕事でなかなかゆっくりとは会えなかった友だちや、
結婚して名古屋に嫁ぎ、今回が卒業以来!という友人にも、
会うことが出来ました♪

名古屋のお友だちに会えることはめったにないと思うので、
前日8度の熱がでてしまったのですが、もう必死で静養しました!!(なに、知恵熱?)
会えてよかった~~♪

中学校のときの思い出話、
自分では割りと昔のことも覚えているつもりだったけど、
同級生の名前もトンチンカンだったり、林間学校の出し物のことで大笑いしたり、
「あのときさ~」と切り出すだけで、笑いが止まらなくなったりで、
いや~。楽しかったです。
最近の話も思い切っていろいろ話せて、夏休み中盤戦、とってもリフレッシュできました。
また会えたらいいなあ♪

そんなこんなで前置きが長くなってしまいましたが、今日はそんな日々の中での読書記録です。

日中は時間がとれないのですが、夜寝る前の読書は継続中で、
7月、8月、と、イッキに読んでしまう本がたくさんでした。
楽しい読書ライフを送っています。

読んだ順に、まずは斉藤洋さんの『K町の奇妙なおとなたち』

K町の奇妙なおとなたちK町の奇妙なおとなたち
(2012/09/13)
斉藤 洋

商品詳細を見る


奇妙でした。なんか、そうっと、奇妙と言うか・・。
一番奇妙なのが主人公の父親です。
地味な本なんだと思うけど、よくよく読むと、突っ込みどころ満載(笑)!!

読んだ直後はよくわからないな~と思っていたけど、時間がたつとその味わいがじわじわじわっと。

初恋料理教室 (一般書)初恋料理教室 (一般書)
(2014/06/02)
藤野 恵美

商品詳細を見る


お次は『初恋料理教室』。
少し前の、カレー特集の『ダ・ヴィンチ』に特集されていて、
すぐに図書館で予約したのですが、もう予約がたくさんで、
やっぱり図書館を利用している方たちはダ・ヴィンチにも目を通しているんだな~と実感しました。

軽い読み物で、京都の言葉がここちよく、お料理もとてもおいしそうでした。
レシピもついていたから、
鶏肉と大根の炊いたんとか、いつものレシピと比べてみようと思って、そのまま返しちゃったな~。

お次はこちら。

石井桃子のことば (とんぼの本)石井桃子のことば (とんぼの本)
(2014/05/23)
中川 李枝子、松岡 享子 他

商品詳細を見る


石井桃子さんの言葉集?が図書館の新刊本の中にあったので、借りてきました。

たくさんの資料や、石井桃子さんへの寄稿文などが載っています。
村岡花子さん(花子とアン)のこともちらりと載っていました。
びっくりしたのが、石井桃子さんが出された岩波文庫?岩波新書?の本のカバーが、
こぎん!!!だったこと~~~。
驚き。
当時はふつうにこぎんが、日本国内あっちにこっちに出回っていたのかな・・・。
ちなみにべこの足、の総刺しでした。すてきでした。カバー、ほしいなあ。
神田の古本屋さんとか、昔好きだったことを思い出しました。


石井桃子さんが優等生だとしたら、佐野洋子さんは・・どうなのかな。

最近めちゃくちゃはまっている、『100万回生きたネコ』の作者、佐野洋子さんのエッセイは、
2作続けて読みました。
どちらも前回以上にサバサバ、スッパンスッパン、ぶったぎり具合で、
シャワー浴びたかのようにきもちいい。

神も仏もありませぬ神も仏もありませぬ
(2003/11)
佐野 洋子

商品詳細を見る


ふつうがえらい (新潮文庫)ふつうがえらい (新潮文庫)
(1995/03/01)
佐野 洋子

商品詳細を見る


佐野さんのエッセイは、まだほかにもたくさん残っているようなので、まだまだ読みたいです。
たくさん気持ちを残して行ってくれた佐野さんに感謝。楽しい。

そして最後にこの分厚い本を読みました。

ナニカアルナニカアル
(2010/02/26)
桐野 夏生

商品詳細を見る


読むのにものすごくエネルギーが要った本。

佐野洋子さん以上に破天荒を地でいった作家、林芙美子の人生の一こまを、
桐野さんが林芙美子になりきって一人称で書ききっている作品。
すごいな~。
今思い返しても、いろいろすごいな~・・・しかでてこない。

エネルギーを吸い取られてしまったかのようで、このあとすっかり何も読んでいません。

また近々図書館に行くと言っているので、またなにか借りてきて読もう。


読書記録はいつも長くなってしまいます。 すみません。
(ひと月に一度、まとめて書いているせいもあるかな)

こぎんネタは夏休み明けに、どどどどん!とイッキに紹介できそうなこと、たくさんです♪

また覗いてくださるとうれしいです。

  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。 hitoharico**
スポンサーサイト

コメント

[C453] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C452] ★こぎん刺しポットマットオーダーの件について★

こんばんは。初めまして!
ブログを拝見致しましてお問い合わせ致しました。
ブログ掲載のポットマットをオーダーしたいのですが出来ますでしょうか~(・・?))⁉︎
お手数お掛け致しますがご連絡お待ちしております。

[C451] hukumimiさま**

こんにちは。メッセージありがとうございます♪
お返事が大変遅くなってしまって・・すみません!

こぎん刺しでいらしてくださったのですね^∇^
最近はコメントも少なめのブログですので(笑)とてもうれしいです♪

お本、読まれていらっしゃいますか?
私もまた、新しいものを読み始めました。
山登りの本です^∇^
自然描写に癒されながら読んでいます。
hukumimiさまは 今はどんな本を読まれていらっしゃるんでしょう♪
またお声聞かせてくださいね**
  • 2014-08-15 15:53
  • hitoharico
  • URL
  • 編集

[C450] はじめまして。

こぎん刺しに興味があり、こちらのブログにたどり着きました。
充実した毎日を送っておられたのですね!
私も、夏休みを利用して本を読みまくるつもりでいます。
こぎんネタも楽しみにしています。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/135-c6e208db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム