Entries

藍染めのこぎんお守り、つくってみませんか**


台風9号上陸、ということで、私の住む町でもすごい雨です。
どうしてもの買い出しやこどもたちの習い事などあって、二度三度出入りしていたら、
3人してずぶ濡れ。
今も窓ガラスをたたきつけるように雨が降っています。

さてさて、21日から開催中の東京・大田区大森で行われている『作家Zakka百貨展』、

私は hitoharico** みずのよしえ としても参加しているのですが、
行田市の牧禎舎さんの藍染めを使ったこぎん刺しも、牧禎舎さんブースに加えてもらっております。

今まではこぎんの糸を染めてきましたが、
今回はコングレスを染めてみました!

これは8月上旬に牧禎舎さんへコングレスを染めに行った時の写真↓

   IMG_5242.jpg

奥の桟の右側にかかっているのがコングレスです。
ほんとう、ほつれやすいので、糸でかがってから染めます。
(かがっておくのとかがらないのとでは、ほつれの具合がずいぶんかわります。)

甕の中でざぶざぶと、3回から4回くらい染めたのだっけな?
水ですすぐと、さ~~っときれいな藍色に変わるのがたのしいです。

さて、この藍染めのコングレスで何を作ったかというと、
こぎんのお守りのキットです!

  160817_01s.jpg

キットには、お守りの大きさに裁断済みの藍染めの布、
(ひもを通す部分には金色のハトメがすでに打ってありますし、口の部分はアイロンテープですでに処理がしてあります!)、
こぎんを刺すための刺し子糸、
こぎん針(長めのもの)、
そしてすでに叶(かのう)結びをしてある結び紐がセットされています。


  160817_02s.jpg


わかりやすい作り方説明書、牧禎舎さんの永島さんがつくってくださいました。
こんなキット、ちょっと他にはないと思うのですが、どうでしょう♪

入っている布にこぎんを刺して(片面でもいいのです!)、
中表にして両端を縫い、ひっくり返して紐を通せば、やった~!お守りの出来上がりです!!

 IMG_5427.jpg

実がたくさん生(な)るということで縁起の良いひょうたん柄(うしろ)と、
商売繁盛のそろばん玉の図案(手前)と、ふたつから選べます。
今から作ればお正月にも間に合うし、受験生にも渡せます。

ぜひぜひ、気持ちを込めて、願いを込めて、こぎんお守り、作ってみてくださいね。

大田区・大森の『作家zakka百貨展』、牧禎舎さんのところに置いてあります。

 atena.jpg


  160821_02s.jpg

私も会期中に行きたいのですが、
今週は天気を見つつ、この夏初めてのキャンプに行く予定もあって、まだ日にちがしっかり決まりません。

またレポできたらと思っています。

hitoharico** みずのよしえ
  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hitoharico.blog.fc2.com/tb.php/264-92f34470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム