Entries

軽井沢 森の中散歩


先日家族で軽井沢に行ってきました。
年に何度も訪れる、家族4人みんな大すきな場所です、軽井沢。

ほんとうはキャンプしたかったのですが、
運動会が延期して、日帰りの森散歩ツアーになりました。

空気がさわやか!
はじめてガイドさんと一緒にあるくツアー、というのに参加してみました。
これがとっても楽しかったです♪


IMG_6484.jpg

↑これはマムシグサ、という草。
名前の通り、まむしのようなルックス。
そして、とちゅうで性転換をするというふしぎな草です。
あちこちに生えていました。
草にもオスとかメスとかあるんだな~(いわれてみればそうなのだけど。)
今この子はオスなのか、メスなのか、という(笑)見分け方なども教えてもらって、
いっそう森あるきが楽しくなります。

IMG_20170529_144646_648.jpg

↑これはアブラチャンという木の葉っぱ。
一枚ちぎってもみもみすると、ハーブの何ともいえないいい香り!
ピザに乗せて食べたらおいしいだろうな~という(笑)

これも森のあちこちに生えていて、
茎の赤いのとか見分けたりできるようになったのがうれしい。
やわらかくて、ほんとうに素敵な葉っぱだったなあ。

熊もカモシカもキツネも狸も棲んでいる森だそうで、
ふとふりむくと「けものみち」があったりして、
そしてその「けものみち」は、ちゃんと水辺やシダ群につながっていたりして、
野生を感じられるツアーでした。
これは、せいたかのっぽの木の上の方にあった大きな熊の爪痕。

 IMG_6496 300

熊ってあんな高いところまで登れちゃうんだ~という驚きと、深い爪痕にドキッとしました。
ツアーでは、ちゃんと鈴をもって歩きます。

あいかわらず鳥が大すきなので、
森の高いところで鳴いている鳥の声に耳を澄ませながらの森散歩でした。

 キビタキ2

あちこちで見られたのがキビタキ。
黒と、白と、鮮やかな黄色。
お歌がとっても上手。

 キビタキ

キビタキは地方によって歌のリズムが違うそうで(それはシジュウカラとかにも言えるそうだけど)、
そういわれると、嬬恋高原で聞いたキビタキの歌とはやっぱり違った気がします。
軽井沢のキビタキの歌は、わりとさっぱりしていました。
嬬恋のキビタキは、トリルとかしちゃって、もっと熱唱型だった(笑)
時期的なこともあるのかな。
2週前にはもっと必死で歌っていたそうなので。

かわいかったのはシジュウカラです。

 IMG_6508 500

巣箱の中を行ったり来たり。
とっても忙しそうに子育てしてました。

ヒナたちは、一日に100匹もの青虫を食べるんだそうです!!!
巣の中にはだいたい8羽くらいヒナがいるそうなので、一日800匹の青虫!!!!
もう親鳥は行ったり来たりです。

また、巣作り中のシジュウカラにも会えました。
もう、それじゃあ前が見えないでしょ~っっていうくらい動物の毛をわさわさとくわえて飛んでいく小さなシジュウカラ。
とってもかわいかったです。

ほかに写真には撮れませんでしたが、
ヤマガラ(見たかったので感動)、ゴジュウカラ(図鑑よりもずっときれいな灰水色。森の忍者とも呼ばれる。)、
コゲラ(一番小さなキツツキ)、カッコウも見ることができました。

なにより空気がきみどり、
葉っぱがみずみずしくて美しくて、
暑くも寒くもなくさわやかで、
とっても気持ちがよかったです。

子どもたちにも今回もいい経験させてあげられて、うれしい休日になりました。

引き続き忙しさがつづいていますが、
気を引き締めて、また日々を楽しんでいきたいです♪

blogもこうしてときどき、更新しますね。大事な場所です。


※こちらは割とこまめにやってます↓

hitoharicoのinstagram はじめました→

komadoのinstagram(読書記録)も、 こそこそとやっています→
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム