Entries

ピアノ発表会~2014


子供ふたりが習っているピアノ教室の発表会が、昨日、ありました。
今日はその記録日記です**

2年に一度の発表会。
おととしは上の長女だけの参加でしたが、
今回は下の子パァチクも♪

まだ冬のコートの季節だったころから、
楽譜を前に、ここ数ヶ月、練習を重ねていました。

下の子パァチクはまだ音符がきちんと読めているのかさえ怪しい感じ。
ミッキーマウスマーチを、途中にちょっとだけ和音が入ったものを弾きました。
しょっぱな、椅子に登るのでさえガタン、とこけたり(笑)、
途中はいつもはそんなミスないのに、頭が真っ白になってしまったのか、
指が止まってしまって沈黙が続いたり、
ほんの少しの出番なのだけど、
客席から飛んでいってあげたかった瞬間がたくさんありましたが、
なんとか、最後まで弾いて、きちんとお辞儀もして(←そういうレベル^^;)
彼女の人生初めての発表会を終えていました^∇^

長女ピィチクのほうはなんでもきちんと、クールに完璧に?やってのけたい人なので、
練習は結構身を入れてがんばっていました。
ピィチクって、がんばることが好きな子です。
小学校に入ってから、なんとなく、そう思います。
本番は、ベルディの「乾杯の曲」を弾きました。
装飾音符があったり、手が交差したり、2年生にしてはいろいろある曲だったけど、
がんばってきた甲斐あって、さすが、ミスなく終えていました。パチパチパチパチ^∇^

連弾は、姉妹で、トトロの「さんぽ」を弾きました。
練習でも、午前中のリハーサル?でも、たくさんつっかえていたのに、
本番ではほとんどミスがなくて、
こっちは妹のほうがお姉ちゃんに引っ張られてがんばったんだな~って、思いました。

出番間近に、カーテン脇で、
お姉ちゃんに、「絶対ミスしないで弾こうね」って、言われたんだ~、だからかなぁ♪と、
下の子が私に言ったので、びっくりしました。
わたしなら、本番直前に「絶対ミスしない」なんて、決めない(笑)
むしろ、ミスしても大丈夫、って自分に言い聞かせるな~~って^^;
私と長女の性格の違いを感じました(笑)


子ども2人が通っている教室は、私が子どものころに通っていた教室&先生でもあります。
あのころの先生は20代で、
通っている間に結婚して、出産して、、と、今思えばきっと忙しいときだったと思います。
先生はあのころはとてもこわかった気がするんだけど^^;
たぶんもう50代後半~のはずの先生。
今はつねにやさしくて、目尻が下がりっぱなしのきれいで美人な先生です。
で、
今回はその先生と私が、連弾で「花のワルツ」を弾く、というプログラムもありました。

先生のところで、小学1年から中学2年まで習っていたとはいえ、
とくにピアノが上手だったわけではありませんでした。むしろ、
おなじ同級生の中では一番さえなかったと思います(> <)

なのでここ数ヶ月、自宅でも毎日練習してました。
もう、こぎんどころじゃなかったかも(笑)
平日の昼間、先生のところへ行って2回か3回合わせたり。
子どものお月謝のことを考えると、
先生に無料で(笑)
自分のピアノを聞いてもらえてアドバイスをもらえるのはすごくうれしいことだと思ったけど、
なにしろ発表会っていうのは気が重い・・。

当日はもう緊張して緊張して、弾いている最中は指が震えるくらいでしたが、
わたしもなんとか、弾き終えることができました。
あ~~~
ここ数ヶ月の懸念がさっぱり終わって、
昨日のビールはほんと、おいしかったです(笑)

会の最後には、4人のお母さんがそれぞれ指一本ずつで連弾をして、「ふるさと」をみんなで歌いました。
ピアノは習ったことがなかったママ友だちががんばっていたのも素敵だったし、
ここ数日、そのお友達と、本番ドキドキだねえ、と過ごしたことも今思えば楽しかった(笑)
子どもたちに、
「ママがんばってね」って、応援してもらったり、
緊張している下の子の気持ちが前日からよくわかったし、
子どもと同じことを体験するのは、家族として、いいことだったかな^^

先生とこうして連弾させていただけたのも、やっぱりやっぱり光栄でした。


   花のワルツ

ふだんは毒舌な(笑)うちのお義母さんが、
「上手だったよ」って、目があってすぐに褒めてくれたのも、うれしかったです*^∇^*

ママ、がんばりました。

こぎんも続々、仕上がってきています。
というか、ピアノ発表会の不安をこぎんで晴らしてた(笑)?

GWもありますね♪
みなさんのGWレポも、毎年ながら、楽しみです。

  
  オリジナルバナー.jpg

みなさんよいGWになりますように♪  hitoharico**






ミキちゃんマキちゃん ようちえん服


昨日、うちの2人にせがまれて、
リカちゃんの妹分、ミキちゃんマキちゃんのようちえん服をつくりました~。

前から頼まれていたのだけど、
リカちゃんのお洋服の型紙はいろいろあっても、
ミキちゃんマキちゃんの型紙は、ない!

でもふと思い立ち、
リカちゃんの型紙を縮小コピー(76~80%くらい?)したものを使って作ってみました。

参考にしたのはこちら。

てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)てぬいのドール・コーディネイト・レシピ すぐできるフェルトのお洋服 (Dolly*Dolly Books)
(2012/09/07)
関口妙子

商品詳細を見る


ブラウスの型紙を縮小コピーしました。
そこへスカートをプラスしてアレンジ!
そでも自分でつくってみました。なのでちょこっと微妙な仕上がりなんだけど^^;

帽子なんかはリカちゃんのものをそのまま使えると思います。
ミキマキは頭が大きいので。

  みきちゃん

↑こちらはミキちゃん。水色のスモッグに白い衿。
スカートの柄とマーク(チューリップ)はめいめいに選ばせました。
このミキちゃんはうちの4歳児、パァチクのもの。
ちょっと気の強そうな雰囲気のミキちゃん。水玉のスカートが元気印ってとこでしょうか**

  マキちゃん

↑こちらが長女ピィチクのほうのマキちゃん。
目の下のホクロが自分と一緒だとかなんだとかで買って買ってということになり、数年前にパパからプレゼント。

(ていうか、ミキだかマキだかチェキだかユキだか!!!
 頭に入るのに2年はかかっているような・・
 最近になって、ようやくどっちがどっちのものか把握できるようになった。
 私が年なのか、もともとがやこしいのか。)

長女のほうはスカートがレトロな花柄?マークはリボンでお願いします、だそうです。

幼稚園児なのにチェーンバッグなのがご愛嬌、の黄色い園バッグは、
それぞれに作らせました。

フェルト用のボンド(←ありそうで、意外とない。布用のボンドではダメなのです。)、
先日安く発見したので買っておいたのだけど、正解でした。
春休みのいい暇つぶしになった模様。

  みきちゃんまきちゃん

ミキマキ、元気にようちえんに登園です^∇^

今日でうちの小学生も春休み終了です。
やっとひとり抜ける~~!
こぎんもがんばりますね♪

下の子は10日からです。

  オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。 hitoharico**


3月の読書&お弁当記録


恒例の読書記録とおべんとうの記録です。
興味のある方だけどうぞ~♪

*******************************************

3月はイベントの準備もあって、読んだ本は少しだけ。
めずらしく、こんなの読みました↓

   
ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していくゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
(2013/11/05)
堀江 貴文

商品詳細を見る



もちろん、とくにホリエモンのファンというわけではないです。
むしろ、アンチホリエモンのほうだと思う。

拝金主義とか自分にないし、
政局に出ちゃうところとか、ありえない。
でも、レビューを読んでいたら気になって、読んでみました。

思っていたより誠実で、努力家で、コツコツと、人生を歩んできた人で、
時代の寵児とか言われていたときもあったけど、
結局マスコミに遊ばれてしまった気の毒な人だったのかな、という印象も残りました。

たぶん素直にこの本を読んだら、
ホリエモンの言っている
「まず自分をゼロではなく、コツコツと努力して1になろう。
 1になったらまた努力して、次は2になろう。
 自分がゼロならどんな掛け算をしてもゼロにしかならないけれど、
 1になって、2になって・・
 そうやって自分が大きくなればなるほど、掛け算をしたときの結果も大きくなる」
このメッセージが強く自分に残るんだろうな~って思いました。

でも、私は素直じゃないのかな^^;

ホリエモンのめざす「成功」は、自分には成功じゃないな~と途中から思い始めてしまったので、
価値観の違い?
共感は少なめでした。
でも、心に留まるメッセージはたくさんありました。
やっぱり、一生懸命生きている人、熱い人、はまぶしいしきれい、。
一生懸命、って、大事だなって思いました。


ほかに読んだのはあいかわらずの着物本のほかに、八木重吉の詩集(また詩集^^;)

  
(3)八木重吉 (日本語を味わう名詩入門)(3)八木重吉 (日本語を味わう名詩入門)
(2011/06/16)
不明

商品詳細を見る


好きな詩がたくさんありました。

有名な「草にすわる」もありました。

わたしのまちがいだった
わたしの まちがいだった
こうして 草にすわれば それがわかる


ゆっくりときもちを噛みくだいていく様子。
ていねいな感情の動きがいいなあって思いました。

ぽくぽくとひとりでついていた
わたしのまりを
ひょいと
あなたになげたくなるように
ひょいと
あなたがかえしてくれるように
そんなふうに なんでもいったらなあ


八木重吉はさびしい人だそうです。
大好きな人と結ばれて、子どもにも恵まれ、才能があって宗教があった人だけど、
それでもさびしかったのかな。


***********

ここからお弁当記録です。

先週はお弁当の日は2回だけでした。

  肉野菜炒め弁当

●肉野菜弁当

・肉野菜炒め(キャベツ・人参・豚肉)
・ブロッコリーのおひたし
・小女子の佃煮?だったっけか。。忘れました。画像を見てもよくわかりません^^;

  シャケ弁当2

●シャケ弁当

・ご飯の上に焼き鮭のほぐしたのたっぷり
・たけのこの若竹煮
・厚焼き玉子
・サニーレタス
・枝豆

たけのこの若竹煮はお夕飯の残りです。お弁当にはわかめは入れませんでした。

パパは朝6時過ぎには出勤するので(> <)、お弁当の写真、とても暗くなっちゃいます。
鮭がとてもきれいな色だったんだけど、おいしくなさそうに見えて残念。


  ウインナー弁当

これが昨日のお弁当。

●ウインナー弁当

・ごはん
・小女子の佃煮
・ウインナーとアスパラガスの炒めたの
・ハンバーグ(出ました。冷凍食品!!)
・結びこんにゃくのピリ辛煮


小女子?きびなご?の佃煮?は、義父の神戸の知人が毎年送ってくれるそうで、
今年は義母からたくさんおすそ分けをいただきました^^
おいしいです♪

この日、とうとう冷凍食品が登場~~**
結びこんにゃくのピリ辛煮は前の日のお夕飯の残り物。

  ちくわの蒲焼弁当

これが今朝のお弁当。蛍光灯の影響受けまくりの写真だな~^^;

●ちくわの蒲焼弁当

・海苔弁当
・ちくわの蒲焼
・サニーレタス
・ポテトサラダ
・トマト(困ったときのトマトね)
・肉団子としいたけのオイスターソース煮 

ちくわの蒲焼、すごくないですか~(笑)
この間買ったばかりの『天然生活』がお弁当特集で!
それに載っていたのでさっそく作ってみました^^

天然生活 2014年 05月号 [雑誌]天然生活 2014年 05月号 [雑誌]
(2014/03/20)
不明

商品詳細を見る


照り照りしていておいしそうです。
ポテトサラダは男爵とゆで卵とハムだけ。我が家の定番です。
たまねぎが入りません^^;きゅうりもなかったので淡い色合い(笑)
肉団子としいたけのオイスターソース煮は昨日の夜の献立から~。
とてもおいしくて、ちょくちょく献立に入る我が家の定番です。



長々と失礼しました。
昨日も図書館にいってまたたくさんの着物本と(笑)
ほかに、今回は長い小説を一冊閉架から借りてきました(またマニアックな本ということです^^;)
読みきれるかな~。

またご紹介できたらと思います。

 オリジナルバナー.jpg

なかなかこぎんを紹介できませんが、がんばって刺していますよ~~。
hitoharico**
 

りかちゃんに浴衣を♪


私のブログ、こぎん関係で検索をかけて来て下さっている方がやっぱり多いようなのですが、
検索ワードの中に、「りかちゃん」が入っていることも多いです。

今日はそんな方に見ていただけるかな^∇^
りかちゃんに浴衣を作って~~と、子どもたちからリクエストがあり、つくってみました。


参考にしたのはこちらの本↓

  
リカちゃん (No.2) (Heart warming life series―わたしのドールブック)リカちゃん (No.2) (Heart warming life series―わたしのドールブック)
(1998/07)
吉川 雅子

商品詳細を見る


以前に古本屋さんで見つけてきた本です。
かなり古いりかちゃんが載っていますが、
ワンピースやTシャツ、ダッフルコートやセーターなどの中に、浴衣とキモノの型紙が入っています。

参考にしたのはこのページ。

ページ


まずピィチクのほうのすみれさんの方。

   すみれちゃん浴衣

ハギレでつくったので記事量が足らず、イカリマークが横になってしまったのが残念だけど、
子どもはそういうの、気にしないのね^^;
この布で、この布のピンクの帯で、というのはピィチクのリクエストどおりです。
長女はなんとなくオーソドックスなのを好む様子^∇^

次女パァチクのほうのマリちゃんはこちら。

   マリちゃん 浴衣

奇抜な緑色の生地に、やっぱり黄色の帯!!(黄色狂い)
レースをつけるように言われました。

   ふたり浴衣

半襟とかつけてあげたらもっといいかも♪
スナップ一箇所留めるだけで着付けられるのがすごい(笑)

  帯結び

本の中では帯はグログランテープ?でつくっていたけど、
味気ないのでハギレを使ってつくりました。
芯を貼ったおかげか、リボンがぱりっと大きく作れて大満足♪
これもスナップひとつでお着替えできます。


私自身が木綿着物の雰囲気が大すきだから♪
いろいろな布で作りたくなっちゃう。
でも、「浴衣はひとつでいい」そうです(- -)ア、ソウ。

行田市の布問屋キャロットさん→
久しぶりに行ったらハギレが一枚80円で山のように積んでありました!(2階・あやしい階段をのぼっていきます)
ちょっとほこりっぽかったりもするけど、探せば探すほどかわいい布が出てくる出てくる。
楽しかったです。

手のひらぐらいのものだったけど、一枚5円の山もありました。
りかちゃんのバッグとか帽子とかスカート?くらいなら5円のほうで作れそう。
一緒に行ったピィチクも目を輝かせていました。

私は一階の天井までありそうな棚にならぶ布を見て、
これで半幅帯を作ったらかわいいのじゃないかと妄想したりして。
あ~たのしかった♪

春休み、あしたから突入で、
りかちゃんものももっと作って~と言われそうだけど・・・
こぎんの手も休みすぎてしまってまずいことになってきてます。

がんばりま~す**


    オリジナルバナー.jpg

いつもありがとうございます。hitoharico**

久しぶりに、お弁当記録**


今週はのんびりのんびり過ごしています。

図書館に行ったり、手芸屋さんに今後材料になりそうなものを覗きに行ったり、
昨日はひとりでコーヒーを飲みにも出かけてきました。

今日はこれからきものこすぎさんへ出かけてきます。
またいろいろ、お話してくるつもりです♪

さて、年度がもうすぐ変わりますが、
うちの旦那氏も一足早く、異動を言い渡されまして、
前まで週に2~3度でよかったお弁当が、今は毎日になっています。

家の中の仕事の中で、
一番モチベーションがあがらないのがお料理という、、主婦としてダメダメな私。

お弁当の記録をとって、
すこしでもモチベーションをあげていこう!!という覚え書きです。

↓ なのでここ何日かのお弁当を載せてみました。

  魚のフライ弁当

●魚のフライ弁当

・白身魚のフライ(冷凍のものを買ってきてあって、それを揚げるだけ)
・酢醤油ゆでたまご
・ハムのグリル
・ワサビ菜
・トマト

酢醤油ゆでたまごは、栗原はるみさんのレシピで、一度作って以来、すっかりはまっています。
パパはお酢ものは得意ではないのですがこれは好物。
黄みの部分がそりゃ~濃厚になって♪おいしいです。

  豚ときのこと大葉の炒め物弁当

●きのこと大葉の炒めもの弁当

・きのこ(えりんぎとしいたけ)と豚肉の大葉炒め
・あらめの煮物
・さつま芋の甘煮
・枝豆
・大葉

我が家ではひじきではなくあらめを使うことが多いです。

あらめって、関東から出たことのない私にはなじみが薄いのですが、
隠岐の島でとれた海草です。
使い方はひじきと一緒で、お水で戻して使います。

私はいつもここで→買っています。
前に乾物大好きの母に買ってあげたのがきっかけで、
毎年年末のごあいさつはこれです。
大量買いしてます♪
肉厚で、栄養たっぷりで、これまたはまりもの^∇^
あ、でも子どもにはウケが悪いのが残念なところ。(子供はひじきのほうが好き)


  チーズロールかつ弁当


●カツ煮弁当

・カツ煮(前日のカツをダシで煮て、たまごでとじたもの)
・金時豆
・三つ葉のおひたし
・アラメの煮物(連続していれちゃう!)
・トマト(困ったときのトマト)

  アジフライ弁当

●アジフライ弁当

・のり弁
・ブロッコリーのおひたし
・アジフライ(朝揚げるだけにしておいたもの)

崎陽軒のシュウマイについてたしょうゆさしを入れて。

我が家のおひたしは、ポン酢とおかかとオリーブオイルを混ぜた即席ドレッシングをかけたものが多いです。(これっておひたしって言わない?)
これは義母にならったもので、
ほうれん草もブロッコリーもこれが一番箸が進みます。
簡単なのも最高。

  ポークチャップ弁当

●ポークチャップ弁当

これが今朝のお弁当。

・ポークチャップ 
(この間3分クッキングでやっていたもので、ケチャップ+しょうゆみたいなので煮たもの。
 最後に溶けるチーズをかけて出来上がり)

・たまご焼き
・さつま芋のレモン煮
・ピーマンのグリル

今朝は幼稚園のパァチクもお弁当の日(週に2回)だったので、こんな感じでピーマンなし、みたいな(苦笑)


振り返ってみたら、
我が家ってなんて揚げ物が多いの(キャ~~ッッ)

き、気をつけよう。
こうやって記録にすると、傾向が丸わかりで、はずかしい限りです。。

「こんなお弁当じゃだめよっっ」という方、
お弁当につかえるおかず、教えてくださ~い。
毎日お弁当って、思っていたより大変ですね。


  オリジナルバナー.jpg

こぎんの針も、ゆっくりですが、進んでいます。
いつもありがとうございます。hitoharico**

Appendix

プロフィール

hitoharico

Author:hitoharico
2人姉妹の母、hitoharico です。

雪の町で生まれた日本の手刺繍・こぎん刺し。
素朴であたたかなものづくり、楽しんでいます。

※オーダーなどは、すべて受けつけしておりません。申し訳ありません。

※作品を掲載していただきました。

41kyODO8N9L__SX401_BO1,204,203,200_
 
無題

ブティック社

ちいさなこぎん刺し

ブティック社


banner_shugei03.gif

  

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

ありがとうございます

検索フォーム